[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、打った瞬間わかる“141mドヤ顔弾”に米ファン熱狂「毎日最高のスイングだ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、アリゾナ州テンピで行われたインディアンスとのオープン戦で2試合連発となる中越え4号2ランを放った。球団公式インスタグラムは、バックスクリーンを越えた約141.4メートルの“ドヤ顔弾”の動画を公開。米ファンを「最高のスイングを毎日している」と熱狂させている。

オープン戦で2試合連発となる4号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
オープン戦で2試合連発となる4号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

大谷翔平がオープン戦で2試合連続となる4号2ラン

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、アリゾナ州テンピで行われたインディアンスとのオープン戦で2試合連発となる中越え4号2ランを放った。球団公式インスタグラムは、バックスクリーンを越えた約141.4メートルの“ドヤ顔弾”の動画を公開。米ファンを「最高のスイングを毎日している」と熱狂させている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 貫録を漂わせた。大谷は「2番・指名打者」で先発出場。昨季の投手3冠でサイ・ヤング賞のシェーン・ビーバーと対戦した。3回2死三塁で初球をフルスイング。遥か彼方へ飛んでいく打球を表情一つ変えずに見送りながら、ゆっくりと歩き出した。バックスクリーンを越える4号2ラン。そのまま無表情でダイヤモンドを一周した。

 動画を公開した球団公式インスタグラムは、文面に「熱すぎてバットを落としてしまった」と投稿。コメント欄には、米ファンから「MVPは堅い」「ショータイムが戻ってきた」「もう4本!」「アメージングすぎる」「ショウヘイこの調子だ!」「最高のスイングを毎日している」「打席では危険な存在」「この春のオオタニは自信に満ち溢れている」と興奮交じりの声が上がっている。

 球団は飛距離464フィート(約141.4メートル)と発表した。この日、大谷は3打数2安打2打点。打者で出場したオープン戦全7試合で安打を放ち、打率.579とした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集