[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

デシャンボー、ハッキリ分かる“5年間の肉体進化”が反響拡大「少年と大人くらいの差」

米男子ゴルフツアー、アーノルド・パーマー招待で逆転優勝したブライソン・デシャンボー(米国)。湖越えの6番パー5では1オンに挑戦し、370ヤードを超えるビッグドライブで大歓声を浴びた。PGAツアーは、5年前のドライバーショットと今回の湖越えを比較。体つきの大きな変化に、米ファンからは「短い期間で凄い進化」と反響が寄せられていたが、「鳥肌が立つ」「少年と大人くらいの差」などとコメントはさらに増えている。

ブライソン・デシャンボー【写真:AP】
ブライソン・デシャンボー【写真:AP】

2016年と現在のスイング比較にファン「鳥肌が立つ」

 米男子ゴルフツアー、アーノルド・パーマー招待で逆転優勝したブライソン・デシャンボー(米国)。湖越えの6番パー5では1オンに挑戦し、370ヤードを超えるビッグドライブで大歓声を浴びた。PGAツアーは、5年前のドライバーショットと今回の湖越えを比較。体つきの大きな変化に、米ファンからは「短い期間で凄い進化」と反響が寄せられていたが、「鳥肌が立つ」「少年と大人くらいの差」などとコメントはさらに増えている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 デシャンボーの“肉体進化”が話題だ。上下のウェアを青で統一した2016年と、衝撃の飛距離を記録した今回のスイングを比較した映像。ドライバーを構えた姿も少し違うが、大きく違うのは胸板や太ももなどの厚みだ。5年前も細すぎる事はないが、やはり現在の肉体の方がパワーを感じさせる。飛距離はかなり伸びている事が分かり、振りも鋭さが違う。

 実際の映像をPGAツアー公式インスタグラムが公開。「2016年から2021年。デシャンボーのここ数年でのスイング」と文面で伝えた投稿には「短い期間で凄い進化」などと反響が寄せられていたが、コメントはさらに増えている。

「見ていて楽しいスイング」
「レベルアップしているね」
「背中がよく回転するようになっているね」
「トレーニングの賜物」
「少年と大人くらいの差」
「アメージングだ」
「昔も十分良いけどね」
「鳥肌が立つ」

 スーパーショットで見るものを魅了するマン振り男。明らかに変わった肉体に、米国ファンも興味津々だった。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集