[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 槙野ら浦和勢4人、韓国勢は2人 アジアメディアの“最優秀選手賞”候補23人選出

槙野ら浦和勢4人、韓国勢は2人 アジアメディアの“最優秀選手賞”候補23人選出

サッカー界は年末年始のオフに突入。今年はアジアサッカー界もアジアチャンピオンズリーグ(ACL)、アジアワールドカップ(W杯)ロシア大会の最終予選など、盛り上がりを見せたが、アジアメディアが「ベスト・フットボーラーズ・イン・アジア2017」候補23人を選出。Jリーグの浦和から日本代表DF槙野智章、FWラファエル・シルバら4選手、日本人は最多の計5選手が選ばれ、FOXスポーツアジア版が紹介している。

浦和レッズの槙野智章【写真:Getty Images】
浦和レッズの槙野智章【写真:Getty Images】

中国最大スポーツ紙の「ベスト・フットボーラーズ・イン・アジア2017」候補が発表

 サッカー界は年末年始のオフに突入。今年はアジアサッカー界もアジアチャンピオンズリーグ(ACL)、アジアワールドカップ(W杯)ロシア大会の最終予選など、盛り上がりを見せたが、アジアメディアが「ベスト・フットボーラーズ・イン・アジア2017」候補23人を選出。Jリーグの浦和から日本代表DF槙野智章、FWラファエル・シルバら4選手、日本人は最多の計5選手が選ばれ、FOXスポーツアジア版が紹介している。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

「ベスト・フットボーラーズ・イン・アジア2017」と題し、特集を組んだのはFOXスポーツアジア版だ。

 同賞は13年から始まり、中国最大のスポーツ専門紙「チタンスポーツ」が選出。過去は第1回に本田圭佑(パチューカ)、昨年の第4回に岡崎慎司(レスター)が日本勢で受賞している。欧州でプレーするアジア選手、アジアでプレーする海外選手も含め、候補選手が今年も選ばれている。

 FOXスポーツアジア版では、23選手を紹介。記事では国際舞台で活躍することも重要だが、ホームでも結果を残すことが、ACL、ワールドカップ(W杯)予選につながると言及した上で「そういった意味では日本、イラン、サウジアラビアがアジアにおける強豪3か国といえるだろう」と3強を位置づけている。

 日本については「ACL制覇と2018年W杯進出という2つを達成した。また、他のアジア諸国と比べ、より多くの日本人選手がヨーロッパのビッグリーグでプレーしている点もある」と評価。そして、日本から最多の5選手が候補に挙げられている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー