[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

逆転Vのデシャンボー、再び挑んだ”湖越え377yドライバー”に米熱狂「これは異常」

米男子ゴルフツアー、アーノルド・パーマー招待は7日(日本時間8日)、最終日が行われ、2位から出たブライソン・デシャンボー(米国)が2バーディー、1ボギーの71で回り、通算11アンダーで逆転優勝を飾った。湖越えの6番パー5では3日目に引き続き、1オンに挑戦。377ヤードのビッグドライブを披露し、米ファンの度肝を抜いている。PGAツアーが実際の映像を公開している。

通算11アンダーで逆転優勝を飾ったブライソン・デシャンボー【写真:AP】
通算11アンダーで逆転優勝を飾ったブライソン・デシャンボー【写真:AP】

逆転優勝飾ったデシャンボー、湖越えのビッグドライブに観衆も大興奮

 米男子ゴルフツアー、アーノルド・パーマー招待は7日(日本時間8日)、最終日が行われ、2位から出たブライソン・デシャンボー(米国)が2バーディー、1ボギーの71で回り、通算11アンダーで逆転優勝を飾った。湖越えの6番パー5では3日目に引き続き、1オンに挑戦。377ヤードのビッグドライブを披露し、米ファンの度肝を抜いている。PGAツアーが実際の映像を公開している。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 これがデシャンボーの底力であり、魅力だ。上下白のウェアに身を包んだ世界屈指の飛ばし屋は。湖を向いてスタンスを取ると、思い切りドライバーを振り抜いた。心地よいインパクトと同時に上がる大歓声。ロケットのような軌道で飛び出したボールは大きな湖を見事に越えて、キャリーでフェアウェーに着弾。その瞬間、観客のボルテージはさらに上がった。

 転がってバンカーに入ったが、その飛距離は377ヤードという凄まじい飛距離だった。6番は全長531ヤードあるが、大きく湾曲。湖を反時計回りに半周する形状のホール。ティーグラウンドからグリーン方向は全面大きな湖で、通常はコースなりに刻むが、デシャンボーは違った。それも優勝争いの中でのチャレンジだから価値はさらに上がる。

「デシャンボー、377ヤードのティーショット」と添えてPGAツアーの公式インスタグラムが動画付きで公開。これを目の当たりにした米ファンからもさらなる驚きが広がっている。

「別次元」
「これは異常」
「何というバケモノ」
「これ見た? 377ヤードの爆弾が池越え?」
「凄まじいショット」
「377ヤードドライブ……ありえない」
「彼はいつも楽しませてくれる」
「まだ背中を痛めてるなら驚きだ」
「ブライソンのファンではないけど、これは豪快」
「文字通り爆弾」

 このホールは楽にバーディーを奪ったデシャンボー。後半もスコアを落とすことなく逆転優勝を決めた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集