[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「背中を使った!?」 22歳新星の意表突く頭脳プレーに米喝采「子どもが真似しそう」

米プロバスケットボール(NBA)での頭脳プレーが注目を集めている。スローインを背中を向けていた相手選手に当て、そしてその跳ね返りを自ら受け、そのままシュートを決める珍得点シーンを米メディアが動画付きで公開。米ファンを沸かせている。

ホークスのトレイ・ヤング【写真:Getty Images】
ホークスのトレイ・ヤング【写真:Getty Images】

ホークスの22歳トレイ・ヤングの頭脳プレーが注目の的に

 米プロバスケットボール(NBA)での頭脳プレーが注目を集めている。スローインを背中を向けていた相手選手に当て、そしてその跳ね返りを自ら受け、そのままシュートを決める珍得点シーンを米メディアが動画付きで公開。米ファンを沸かせている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 こんなプレーありなのか。24日(日本時間25日)、ホークスの新星トレイ・ヤングがセルティックスを相手にやってのけた。

 第2クオーター残り3分30秒の場面だ。エンドラインからのスローイン、ヤングが驚きのプレーだ。ボールを背中を向けていたセルティックスのグラント・ウィリアムズの背中に当て、その跳ね返りを自ら受けて、悠々レイアップを決めた。相手の意表をつく頭脳的なプレーだった。

 米スポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」の公式ツイッターでは「トレイ・ヤングは超ずるがしこい」と添えて実際の映像を投稿。すると米ファンからは「これはアシストになるのかな?」「大爆笑」「子どもが真似するだろうね」「背中を使った!?」「トリックだ」「お気に入りのプレー」「やってみたい」「これ最高」などと反響が集まっている。

 ルール的には何の問題もないプレーで沸かせたヤングはこの試合で33得点。チームの127-112での勝利に貢献している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集