[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

度が過ぎた“バレバレ”シミュレーション 一部始終にロシアも注目「別次元ダイブ!」

中南米のグアテマラで行われたサッカーの試合中、まさかのシミュレーションを起こした選手が注目を集めている。客席からものをぶつけられたように演じたまさかの瞬間の動画を英メディアが公開していたが、ロシアメディアも「別次元のダイブ!」と伝えている。

グアテマラで起きた驚きの“ダイブ”が注目を集めている(写真はイメージです)
グアテマラで起きた驚きの“ダイブ”が注目を集めている(写真はイメージです)

わざと倒れたグアテマラのサッカー選手、ロシアメディアも報道

 中南米のグアテマラで行われたサッカーの試合中、まさかのシミュレーションを起こした選手が注目を集めている。客席からものをぶつけられたように演じたまさかの瞬間の動画を英メディアが公開していたが、ロシアメディアも「別次元のダイブ!」と伝えている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 証拠は残っていた。グアテマラの3部リーグで起きた珍事。相手が倒れてプレーが止まっている場面だ。観客席からピッチへ何かが投げ入れられた。これをバタネコスFCのロスビン・ラモスが右手で拾うと、なんと自分の頭にぶつけるようにして倒れ込んだのだ。いかにもわざとらしく転げまわっている。

 実際の動画を英紙「ガーディアン」のスポーツ専門インスタグラムアカウントが公開し「審判は見ていなかったので罰則は与えられなかった」などと文面で紹介していた。さらにロシア放送局「ロシアトゥデー」のスポーツ公式ツイッターも動画を引用。「うまくいくまで成功しているフリをしろ! この男、別次元のダイブ!」とつづると、海外ファンから「馬鹿げた行為を防ぐには厳罰を与えるしかない」とコメントが寄せられている。

 英スポーツメディア「スポーツバイブル」によると、「恥ずべき行為は遡って罰せられるようだ」「グアテマラのサッカー機関は馬鹿げた行為に対して行動をとる」と、ラモスが処分対象となるという。試合はラモスが所属するバタネコスFCが1-3でデポルティボ・サンロレンソに敗れた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集