[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

レイカーズ撃破を体験した八村塁 「世界一の選手」レブロンとの対峙で何をした?

米プロバスケットボール(NBA)は22日(日本時間23日)、ウィザーズが延長戦の末に127-124でレイカーズに勝利。八村塁は37分間の出場で15得点をマークし、チームの5連勝に貢献した。試合後の会見で、八村はレブロン・ジェームズとのマッチアップを振り返り「できるだけのことはできた」と手ごたえを口にした。

八村塁とレブロン・ジェームズ【写真:Getty Images】
八村塁とレブロン・ジェームズ【写真:Getty Images】

レイカーズ戦後の会見で対戦を振り返る「できるだけのことはできた」

 米プロバスケットボール(NBA)は22日(日本時間23日)、ウィザーズが延長戦の末に127-124でレイカーズに勝利。八村塁は37分間の出場で15得点をマークし、チームの5連勝に貢献した。試合後の会見で、八村はレブロン・ジェームズとのマッチアップを振り返り「できるだけのことはできた」と手ごたえを口にした。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 昨季の王者レイカーズの本拠地に乗り込んだウィザーズは、最大17点のリードを許しながらも終盤に追い上げて勝利。多くの時間でレブロンと対峙した八村は、顔の前に手をおいて視界を遮りながら、粘り強い守備で簡単な得点を許さなかった。

 ウィザーズの日本語版公式ツイッターは、試合後に会見に臨んだ八村の映像を公開。レブロンとの対峙について聞かれると、「世界で一番のプレーヤーで、体格も凄い(優れていて)強かった。できるだけのことはできたと思う」と振り返った。

「パスもうまいし、得点もとれる」とレブロンを評した八村。そんなスーパースターを相手に「できた」ポイントを問われる、守備時に気を付けたポイントを説明した。

「ミスマッチを誘ってくるようなスクリーンを仕掛けてくる。その中でスクリーンにかからないように、自分がマッチアップできるようにして、なるべく難しいシュートを打たせるようにできたと思う」

 身長206センチのレブロンは、203センチの八村よりも小さい選手とマッチアップできるように、ディフェンダーの入れ替わりを強いるプレーを仕掛けて来たという。八村は、入れ替わらずにレブロンについていけたことに、手ごたえを感じているようだ。

 ウィザーズは、日本時間24日にクリッパーズと対戦する。カワイ・レナードとのマッチアップも予想されるが、八村は「ずっとリーグのトップ20くらいに入る選手を毎試合ガードしている。勉強になっているし、ディフェンス面でもオフェンス面でも成長できていると思う」と話した。タフなマッチアップから学ぶことは多いようだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集