[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「これを超えるゴラッソ生まれてない」― 伝説の“ルーレットボレー弾”に海外脚光

「これを超えるゴラッソ生まれてない」― 伝説の“ルーレットボレー弾”に海外脚光

海外サッカーでかつて生まれた仰天のスーパーゴールから4年が経ち、地元メディアが脚光を当てている。サイドからのクロスに対し、クルッと回転しながらノールックでダイレクトボレーを炸裂。動画付きで紹介された衝撃弾に、ファンも「いまだにこのシュートを超えるゴラッソが生まれてない」「伝説的なルーレット」と改めて驚嘆の声を上げている。

フローニンゲン時代のFWマイケル・デ・リュー【写真:Getty Images】
フローニンゲン時代のFWマイケル・デ・リュー【写真:Getty Images】

オランダで生まれたミラクルゴールから4年で脚光…ファン再び称賛「伝説的なルーレット」

 海外サッカーでかつて生まれた仰天のスーパーゴールから4年が経ち、地元メディアが脚光を当てている。サイドからのクロスに対し、クルッと回転しながらノールックでダイレクトボレーを炸裂。動画付きで紹介された衝撃弾に、ファンも「いまだにこのシュートを超えるゴラッソが生まれてない」「伝説的なルーレット」と改めて驚嘆の声を上げている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 なぜ、こんなゴールを決められるのか。伝説のゴールに再び脚光を当てられているのは、オランダ人FWマイケル・デ・リューだ。FOXスポーツ・オランダ版がインスタグラムで「4年前の今日、それはマイケル・デ・リューがフローニンゲンでワンダーゴールを叩き込んだ日」とつづり、1本の動画を公開している。

 13年12月22日のフローニンゲン―NECの一戦だった。フローニンゲンは右サイドを攻め上がり、中央にクロスを入れた。これに反応したのが、エリア内に侵入したマイケル・デ・リュー。しかし、ボールは走り込んだ位置より、やや後ろに流れた。シュートを打つのは難しいか――。そう思われた次の瞬間、とんでもない動きを演じた。

 右回りに反転すると、ゴールに背を向けたまま、やや飛び上がり、右足を出した。そして、ヒール辺りにボールを当てると、体はクルッと回転。ボールはゴール方向へ。予期せぬ体勢からのシュートに相手GKも反応することできず、なんとそのままゴールに吸い込まれたのだ。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー