[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥のプロ意識が熱を帯びた 真剣度100%に秘めた参戦理由「そのために出た」

新型コロナウイルスと戦う医療従事者や患者を支援するボクシングのチャリティーイベント「LEGEND」が11日、東京・代々木第一体育館で行われた。スパーリング形式で行われる3分×3回のエキシビションマッチ。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(Ambition)と激突した中、コロナ禍で開催されたイベントの意義を見出していた。

リング上でパンチを打ち込む井上尚弥(右)と比嘉大吾【写真提供:LEGEND実行委員会】
リング上でパンチを打ち込む井上尚弥(右)と比嘉大吾【写真提供:LEGEND実行委員会】

井上尚弥が比嘉大吾を指名した理由「ファンがどんなスパーを見たいか」

 新型コロナウイルスと戦う医療従事者や患者を支援するボクシングのチャリティーイベント「LEGEND」が11日、東京・代々木第一体育館で行われた。スパーリング形式で行われる3分×3回のエキシビションマッチ。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(Ambition)と激突した中、コロナ禍で開催されたイベントの意義を見出していた。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 開始のゴングからリングを支配していた。井上は素早いジャブに加え、アッパー、フックを織り交ぜて比嘉を翻弄。左ボディーを当てると、歓声自粛で静かな会場に鈍い音が響いた。エキシビションとは思えない緊迫感。攻撃だけでなく、ディフェンスではノーガードで待ち、相手のパンチを見切ってかわす場面も。2回にはサウスポーにスイッチ。さらにはロープを背負い、打ってこいとジェスチャーをしてあえて防御に徹するシーンも見せた。

 距離を詰めて打撃戦も展開。どんなボクシングでもできる完璧ぶりをファンに届けた。「エキシビションで足を使っても意味がない。打ち合いも、ディフェンスもいろんな形を見せたいと思っていた。自分の動きにも満足したので、いい出来だったと思います。ガチというか、真剣度は100%です」。この日はPCR検査を受けた観客2548人が来場。声援自粛の中でも心を震わせる戦いを演じた。

 昨秋にラスベガスデビュー。日本のリングに立つのは、2019年11月のノニト・ドネア(フィリピン)戦以来だった。「こういう場をつくって会場に足を運んでくださる方がいる。そういう方に向けて発信するためのスパーリング。責任感もあるし、満足して帰ってもらいたい。その方々に向けたスパーリングでした」。戦前からSNSなどで本気度を漂わせながら臨んだリング。社会に影響力のあるアスリートとして、胸に抱えた思いがあった。

「こういう状況下で行われたイベントですし、成功したことに凄くホッとしている。自分らが出て何を発信したいかというと、ボクシングを見てもらって、また頑張る気持ちになってほしいということ。そのために出た。それを感じてもらえるような内容はできたと思うので満足しています。医療従事者の方々のおかげでこのイベントもできている。微力ではありますけど、どんなことができるのか。これからも考えていかないといけない」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集