[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • かつての敵は今日の友 コビー&アイバーソンの熱き抱擁が米話題「言葉はいらない」

かつての敵は今日の友 コビー&アイバーソンの熱き抱擁が米話題「言葉はいらない」

米バスケットボールNBAのロサンゼルス・レイカーズは現地時間18日、リーグを代表するスーパースターとして一時代を築いたコビー・ブライアント氏の背番号8と背番号24の永久欠番セレモニーが行われた。かつてのチームメイトや対戦相手が多数駆け付けるなか、2000年代初頭にしのぎを削ったライバルのアレン・アイバーソンとの“熱い抱擁”が米メディアで取り上げられ、ファンから「言葉はいらない」「神々だ」と話題を呼んでいる。

コビー・ブライアント、アレン・アイバーソン【写真:Getty Images】
コビー・ブライアント、アレン・アイバーソン【写真:Getty Images】

ブライアント氏が永久欠番セレモニーで歴代の偉人たちの仲間入り

 米バスケットボールNBAのロサンゼルス・レイカーズは現地時間18日、リーグを代表するスーパースターとして一時代を築いたコビー・ブライアント氏の背番号8と背番号24の永久欠番セレモニーが行われた。かつてのチームメイトや対戦相手が多数駆け付けるなか、2000年代初頭にしのぎを削ったライバルのアレン・アイバーソンとの“熱い抱擁”が米メディアで取り上げられ、ファンから「言葉はいらない」「神々だ」と話題を呼んでいる。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 偉大なレジェンドに相応しい晴れ舞台だった。

 18日のレイカーズ-ゴールデンステイト・ウォリアーズ戦のハーフタイムに、2016年に引退したブライアント氏が現役時代につけた背番号8と24の永久欠番セレモニーが行われた。かつて躍動したステイプルズ・センターに飾られた往年の名センター、カリーム・アブドゥル・ジャバー氏や名司令塔のマジック・ジョンソン氏らの巨大なレイカーズゴールド(黄色)のユニホームの横に用意された、自身の2つのユニホームがベールを脱ぐと、ブライアント氏は感慨深そうにそれを見上げた。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー