[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 世界2位・山口茜が悲願の初V 20歳の躍進に海外脚光「驚愕の逆転劇を繰り広げた」

世界2位・山口茜が悲願の初V 20歳の躍進に海外脚光「驚愕の逆転劇を繰り広げた」

バドミントンのスーパーシリーズ(SS)ファイナルは現地時間17日に女子シングルス決勝が行われ、世界ランク2位の山口茜(再春館製薬所)が悲願の初優勝を飾った。近年躍進が続いている日本バドミントンだが、海外メディアも山口の躍進を報じている。

初優勝を果たした山口茜【写真:Getty Images】
初優勝を果たした山口茜【写真:Getty Images】

スーパーシリーズファイナル、女子決勝でリオ五輪銀のプルサラを2-1で撃破

 バドミントンのスーパーシリーズ(SS)ファイナルは現地時間17日に女子シングルス決勝が行われ、世界ランク2位の山口茜(再春館製薬所)が悲願の初優勝を飾った。近年躍進が続いている日本バドミントンだが、海外メディアも山口の躍進を報じている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

「アカネ・ヤマグチは逆転劇でタイトルを手にした」

 このように見出しを打ち、山口を取り上げたのは米スポーツ放送専門局「FOXスポーツ」アジア版だ。

「アカネ・ヤマグチはスーパーシリーズ決勝で、シンドゥ・プサルラ相手にタイトルを奪うため、驚愕の逆転劇を繰り広げた。ドバイでの94分間にも及ぶ激闘のなか、第1ゲームを失って続くゲームもリードされた。にもかかわらず、頂点に立ったのはヤマグチだった」

 山口は第1ゲームを15-21と先取され、第2ゲームも0-5とリードを奪われた。リオ五輪銀メダリストのシンドゥ・プルサラ(インド)相手に劣勢を強いられながらも、そこから怒涛の反撃を見せたことに触れている。

「ヤマグチは挽回を見せ、第2ゲームを21-12で奪い返し、最終ゲームに持ち込んだ。そして、最後は19-19のタイスコアとなりながらも、タイトルを確保するために最後の2点を奪い取った」

 1時間半を超える激闘を2-1(15-21、21-12、21-19)の逆転で制した山口。念願の初優勝は、日本勢としても2015年の奥原希望(日本ユニシス)以来2度目となるシングルス優勝となった。

 中学生にして日本代表に選出されるなど、かねてよりその将来性を嘱望されていた山口だが、リオ五輪の準々決勝で奥原との直接対決に敗れるなど、タイトルにあと一歩届かない我慢の時期が続いた。それでも実力を着々とつけ、20歳となった今年は奥原よりも上の世界ランク2位につけている。初の世界一で、2020年の東京五輪に向けて「日本に山口あり」を印象づけたのは確かだ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー