[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【名珍場面2017】「0.9秒の閃き」― 16歳・久保建英、“天才のゆえん弾”に反響 バルサ復帰の声も?

【名珍場面2017】「0.9秒の閃き」― 16歳・久保建英、“天才のゆえん弾”に反響 バルサ復帰の声も?

2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は11月のサッカーJリーグでU-17日本代表MF久保建英が決めた「“0.9秒の閃き”のプロ初ゴール」だ。

久保建英【写真:Getty Images】
久保建英【写真:Getty Images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」…11月にJ3で久保が決めたプロ初ゴール

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は11月のサッカーJリーグでU-17日本代表MF久保建英が決めた「“0.9秒の閃き”のプロ初ゴール」だ。将来を嘱望される天才レフティーは、相手クリアを咄嗟の判断から左足ダイレクトで放ったゴール奪取。16歳とは思えない一瞬の閃きで奪ったメモリアル弾の瞬間を、Jリーグ公式Youtubeチャンネルも紹介し、ファンに反響を呼んだ。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 才能が一瞬にして煌いた。天才少年たるゆえんを見せつけた。

 U-23FC東京として出場したU-23G大阪戦。久保は0-2で迎えた後半17分にピッチに飛び出すと、わずか2分後だった。MF小川が左サイドから攻め上がり、グラウンダーのクロス。相手GKが飛び出して処理に出たが、呼吸が合わず、DFのクリアが中途半端になった。ボールに対し、ペナルティエリア外で走り込んでいたのが、久保だった。

 この時、久保には選択肢があった。いったんトラップしてシュート、パスのいずれかを選択、フリーの味方ダイレクトで周囲にパス。しかし、16歳はそのどちらでもなく、ダイレクトでシュートを選択した。GKが戻り切れてないのを見逃さなかったからだ。左足のインサイドで丁寧に振り抜くと、意表を突かれたGKは飛びつくも触れず。そのままゴールに吸い込まれていった。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー