[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

初V天理大、過去2度決勝との最大の差 指揮官が「今の子たちは崩れない」と語る背景

決勝前夜、2年前の敗戦が脳裏をよぎったフィフィタ「いらんことしたら負ける…」

 試合前日のミーティング。指揮官は選手たちに「試合ではミスも出るし、トライも獲られる。いろんなことがあるけど、そこで(2年前と)同じようになるのか、そうじゃないのか」と自問自答させた。夜、大黒柱のフィフィタはベッドの中で2年前の決勝の記憶がふと蘇った。ラストプレーで落球。「いらんことをしたら負ける……」。敗れた明大戦を映像で見返したことはない。目を瞑ると嫌な景色が勝手に浮かんでしまった。それでも、本番で心は折れなかったことが成長だった。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

「優勝するには試合に出る15人がしんどいことをしないといけない。自分がミスをしたらみんながしんどくなる。しっかりタックルをして、しっかり周りにパスをすることを意識した」

 一人でがむしゃらに突っ込む姿はない。冷静に、かつダイナミックに強さを見せつけた。「そこ(ミスをした時)でも今の子たちは崩れない強さを持っていた」と指揮官。キャプテンも「1つ、2つミスもあるし、トライを獲られることもある。そこで全員が切り替えてやっていこうと思っていた。明治に対しても、早大に対しても全員が勝つマインドがあったと思います」と胸を張った。

 故・平尾誠二氏を擁し、1984年度に3連覇した同志社大以来となる関西勢36大会ぶりの日本一となった。天理高OBの小松監督は留学を経て同志社大に入学。平尾氏と年齢は同じだが、3学年下の後輩として関西勢最後の優勝を経験していた。しかも、自身が4年時は決勝で早大に敗北。運命のような巡り合わせで最多16度の優勝を誇る王者を破ってみせた。

「天理は過去2回決勝に出たけど、私の中では4度目という思いは確かにありました」。

 教え子の成長を実感し、“4度目の正直”を実らせた決勝だった。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集