[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山口茜が8強入り 1年前に苦戦の18歳高校生に完勝「昨年は点数を離せなかったが…」

来春から後輩となる郡司へ助言「守備力や得意な攻撃につなげる力が必要」

 山口は、東京五輪で2大会連続の五輪出場が確実。前回のリオ五輪はベスト8。その後は世界ランク1位になるなど、早くから世界の舞台で活躍し続けており、現在も世界のトップを争う一人だ。そうした選手が国内にいることが、後進の大きな刺激になる。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 郡司は、高校2年生だった昨年にインターハイを優勝。さらに、2013、14年に山口が制した世界ジュニア選手権に出場して初優勝を飾り、今年から日本B代表に選出されている。以前から憧れの選手に山口の名を挙げているが、来春には再春館製薬所へ入社予定。山口の後輩となる。

「山口選手は日本A代表なので、遠征でチームにいないことが多いと思いますけど、チームにいるときには、良い所を盗むなど(一緒にいられる)その時間を大切にしたいです。来年までには私も日本A代表に上がれるように、来年に自分が出る大会が始まった時には、一戦目から優勝できるようにしていきたい」と憧れの先輩の背中を追う意欲を強めていた。

 勝った山口は、後輩となる郡司へのアドバイスを報道陣から聞かれると「上から言うような格好になってしまいますけど」と話した上で「今は、高校生らしく勢いがあって、攻撃的なプレーや戦術をメインにしているけど、身長が高いわけではないし、これからは段々、同じようなタイプの選手と戦うことも増えると思うので、守備力や得意な攻撃につなげる力が必要になるかなと思います」と助言した。

 結果を見れば、東京五輪の出場候補である山口の貫録勝ちだが、無観客でもこの大会が開催されたことで、次世代組も貴重な経験を積んでいる。大会は翌25日に各種目の準々決勝を行い、山口は2018年の高校女王である水井ひらり(NTT東日本)と対戦。連続して次世代のエース候補を迎え撃つ。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集