[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

遠藤&渡辺、9か月ぶり公式戦で初戦突破 狙いは連覇「バチバチにやり合うので、好き」

バドミントンの第74回全日本総合選手権大会が22日、東京・町田市立総合体育館で開幕し、男子ダブルスで連覇を狙う遠藤大由/渡辺勇大(日本ユニシス)が初戦に登場。藤巻嵩寛/早川竣(長野)にストレート勝ち(21-8、21-15)し、順当に2回戦へ駒を進めた。

9か月ぶり公式戦で初戦を突破した遠藤、渡辺組【写真:平野貴也】
9か月ぶり公式戦で初戦を突破した遠藤、渡辺組【写真:平野貴也】

第74回全日本総合選手権大会、初戦は順当にストレート勝ち

 バドミントンの第74回全日本総合選手権大会が22日、東京・町田市立総合体育館で開幕し、男子ダブルスで連覇を狙う遠藤大由/渡辺勇大(日本ユニシス)が初戦に登場。藤巻嵩寛/早川竣(長野)にストレート勝ち(21-8、21-15)し、順当に2回戦へ駒を進めた。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 2人にとっての公式戦は、3月に優勝した全英オープン以来9か月ぶり。しかも、今大会は無観客開催で例年とは雰囲気が異なり、まるで練習会場のように4つのコートでシャトルを打つ音と、わずかに選手が発する気合いの声が響くだけ。拍手もなく、相手との握手もできないため、試合後は少し所作のない具合だった。渡辺は「緊張しました。それが結構大きかった。練習とは違う、試合の緊張感をすごく感じました。まず勝てたことが良かった」と独特の空間での戦いの感想を語った。

 試合がない9か月の間は、それぞれ課題に取り組んできた。筋力トレーニングに注力してきたという渡辺は「日本で練習する期間があったので、個々の力も伸ばせたと思う。(活動自粛期間も)工夫しながら過ごせたので、マイナス面はないと捉えています。筋量も付いて、フィジカル的な部分は伸びているところがあります」と手ごたえを語った。

 一方の遠藤は、ネット前に入る動きをブラッシュアップ。ただし、こちらは「やってきたことが合っているかどうかを確認したい。できているかどうかは、別です。今日の感じでは、まだまだです」と実戦で試しながら、イメージと動きの一致に取り組んでいた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集