[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【名珍場面2017】50m独走! 関根、6人抜きの“マラドーナ超え弾”に大反響

【名珍場面2017】50m独走! 関根、6人抜きの“マラドーナ超え弾”に大反響

2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は7月にサッカーの関根貴大(当時浦和レッズ/現インゴルシュタット)が見せた「マラドーナ超え弾」だ。J1第17節の広島戦、後半アディショナルタイムに勝利を呼び込む値千金の決勝ゴール。アルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナを超える6人抜きをJリーグ公式Youtubeチャンネルは動画付きで紹介し、大きな反響を呼んだ。

「スポーツ界の名珍場面総集編」…7月の広島戦で50m独走ドリブルから劇的決勝弾

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は7月にサッカーの関根貴大(当時浦和レッズ/現インゴルシュタット)が見せた「マラドーナ超え弾」だ。J1第17節の広島戦、後半アディショナルタイムに勝利を呼び込む値千金の決勝ゴール。アルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナを超える6人抜きをJリーグ公式Youtubeチャンネルは動画付きで紹介し、大きな反響を呼んだ。

 “マラドーナ超え”を果たしたのは、22歳の若武者だった。

 J1リーグ戦・第17節の広島戦、3-3で迎えた後半アディショナルタイム。相手が3人密集した中盤左サイドでボールを持った関根は、細かいボールタッチで加速。2人の間をすり抜けるように突破し、一瞬で3人を置き去りにすると勢いは止まらない。

 中央に切れ込むと、ペナルティエリア手前で滑り込んでブロックしようとした4人目を右足のシュートフェイントで交わした。そして、フィナーレは一気に訪れる。

 ペナルティエリアに侵入すると、立ちはだかった2人のDFを右サイドに流れながら、一瞬の加速で抜き去り、6人抜きを達成。そして、角度のないゴール右サイドから右足を一閃。強烈なシュートがニアサイドをぶち抜き、ゴールネットを揺らした。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー