[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【名珍場面2017】ナダル、敗戦後の“20秒の直立”に称賛の嵐「本物の紳士」「断トツの品格」

【名珍場面2017】ナダル、敗戦後の“20秒の直立”に称賛の嵐「本物の紳士」「断トツの品格」

2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は7月にテニスのウィンブルドンでラファエル・ナダル(スペイン)が演じた「敗戦後の20秒の直立」だ。

「スポーツ界の名珍場面総集編」…7月のウィンブルドン敗戦後に見せた“王者の品格”

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は7月にテニスのウィンブルドンでラファエル・ナダル(スペイン)が演じた「敗戦後の20秒の直立」だ。4回戦で世界ランク26位のジレ・ミュラー(ルクセンブルク)と対戦し、4時間48分に及ぶフルセットの死闘の末に惜敗。しかし、試合後に気高い“20秒の直立”によるスポーツマンシップを披露。大会公式ツイッターが「敗北の中にも品格」と動画付きで紹介し、称賛の嵐を呼んだ。

 これぞ、真の王者にふさわしい振る舞いだった。2セットダウンから追いついたナダル。最終セットは実に28ゲームという消耗戦の末に苦杯をなめた。敗戦後、ナダルはベンチで身支度を済ませた。コートを去る準備が整ったが、大番狂わせを喜んだミュラーはまだ整理が終わっていなかった。優勝候補にとっては大きい敗退。一刻も早くコートを立ち去ってもおかしくない。

 しかし、ナダルは驚きの行動を取った。ミュラーを見たナダルは、ベンチ前で直立不動したのだ。ウィンブルドンでは対戦相手を称えるため、選手は一緒にコートから去る慣例もある。昨年、世界ランキング4位のロジャー・フェデラー(スイス)が準決勝でミロシュ・ラオニッチ(カナダ)に敗れた後も勝者を待ってからコートを去っていた。

 ナダルは約20秒間、悔しさを必死に押し殺す表情で前を見つめ、勝者の荷物整理を待っていた。苦々しい敗北の後にもスポーツマンシップを体現するナダルには観衆からスタンディングオベーションが起きた。そして、ミュラーとともにコートを去るナダルは、左手を振りながら人々の大声援に感謝の意を表明。さらに、ファンの声を聞くと、再び驚きの行動に出た。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー