[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【名珍場面2017】なぜ、彼はバットを振ったのか… 全米が“笑撃”「野球史で最悪の三振を見よ」

【名珍場面2017】なぜ、彼はバットを振ったのか… 全米が“笑撃”「野球史で最悪の三振を見よ」

早いもので12月を迎え、師走に突入。2017年もスポーツ界は数々の名場面が生まれたが、なかにはファンがうなるような好プレーも、思わず笑ってしまうような珍プレーもあった。そこで「名珍場面2017」と題し、今年起きた珍事を連日にわたって紹介する。第1回は5月に野球の米大リーグ、マイナーで起きた「歴史上最悪の三振」――。

「スポーツ名珍場面の総集編」…MLBマイナーで起きた「歴史上最悪の三振」に米騒然

 早いもので12月を迎え、師走に突入。2017年もスポーツ界は数々の名場面が生まれたが、なかにはファンがうなるような好プレーも、思わず笑ってしまうような珍プレーもあった。そこで「名珍場面2017」と題し、今年起きた珍事を連日にわたって紹介する。第1回は5月に野球の米大リーグ、マイナーで起きた「歴史上最悪の三振」――。

 なぜ、彼はバットを振ったのか――。そう思いたくなるような世にも奇妙な三振を喫した選手が5月に出現。まさかの「ストライク・アウト(三振)」という球審のコールに愕然とした様子を、全米のメディアがこぞって動画付きで紹介。「恐らく野球史で最悪の三振を見よ」と報じられ、爆笑とともに話題を呼んだ。

 世にも奇妙な三振の主人公となってしまったのは、ロッキーズ傘下2Aハートフォードの三塁手フエンテスだ。

 26日のメッツ傘下2Aビンハムトン戦の8回、2死走者なしで対峙したのはバーンズ。しかし、マウンドの右腕はカウント1-2から投球動作に入ってリリースする際、バランスを崩してしまった。ボークを取られないようにと判断したのか、右打者のフエンテスから遠ざけるように一塁線方向の地面に叩きつけた。

 バウンドしたボールはホームプレートから数メートル離れた地点を転がって通過した。ボール――。そう思った次の瞬間だった。何を思ったのか、フエンテスはバットが届くはずもない、コロコロと転がるボールに合わせて緩やかにスイングしたのだ。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー