[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、池ポチャ2発も「楽しんでやれた」理由 「出来なかったことが出来た」

女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスオープン第3日は21日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)にて無観客で行われた。首位と6打差の20位で出た昨年大会女王の渋野日向子(サントリー)は3バーディー、1ボギーの69で回って通算3アンダー。14位に浮上した。20歳古江彩佳(フリー)が通算13アンダーで2週連続優勝に王手をかけた。

通算3アンダーで14位に浮上した渋野日向子【写真:Getty Images】
通算3アンダーで14位に浮上した渋野日向子【写真:Getty Images】

3日目は69でじわりと浮上「切り替えてやれた」

 女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスオープン第3日は21日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)にて無観客で行われた。首位と6打差の20位で出た昨年大会女王の渋野日向子(サントリー)は3バーディー、1ボギーの69で回って通算3アンダー。14位に浮上した。20歳古江彩佳(フリー)が通算13アンダーで2週連続優勝に王手をかけた。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 乱れながらも、渋野は踏ん張った。2番パー4で135ヤードを1メートルに寄せバーディーを先行させたが、続く3番はティーショットで池ポチャ。それでも3メートルのボギーパットを入れた。後半は11、12番で連続バーディー。17番も池に入れたがナイスパーセーブ。ムービングデーはスコアを2つ伸ばした。

 池ポチャが2度とショットが乱れた。ドライバーもアイアンも安定感を欠いた。それでも69のスコアに渋野自身「自分でもびっくりしています」と振り返る。ショットの乱れの原因は何なのか。「自分でもよくわからない状況でした」と言いながら、決して引きずらなかった。

「自分でもどうしていいかわからない中でしたけど、それの事を考えるわけではなく、3打目地点でどうするかを考えて切り替える事でパーセーブが出来たので。でもこのままだと大変なことになるので、これからしっかりと練習をして調整をしたいと思います」

 これまでの大会では苦戦したグリーン上で粘る展開が、今大会は続いている。ショットが良ければパットで苦しみ、逆もまたしかり。もがきながらも、渋野は懸命に前を向く。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集