[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、“NYの下剋上”が「番狂わせ5傑」にWTA選出「神童がまた足跡を残した」

今季も女子テニス界では多くの熱戦が生まれ、数々の名勝負が沸かせた。なかでも、ファンを沸かせるのは前評判を覆すような番狂わせだ。WTA公式サイトは「2017年の番狂わせトップ5」を選出し、日本の大坂なおみ(日清食品)がアンゲリク・ケルバー(ドイツ)を破った全米オープン1回戦がランクインしている。

「2017年の番狂わせトップ5」、全米OPで前回覇者ケルバー撃破の大金星がランクイン

 今季も女子テニス界では多くの熱戦が生まれ、数々の名勝負が沸かせた。なかでも、ファンを沸かせるのは前評判を覆すような番狂わせだ。WTA公式サイトは「2017年の番狂わせトップ5」を選出し、日本の大坂なおみ(日清食品)がアンゲリク・ケルバー(ドイツ)を破った全米オープン1回戦がランクインしている。

 あの下剋上は、今季のテニス界にしっかりと刻まれていた。WTA公式サイトが選出した「2017年の番狂わせトップ5」で、5位に「ナオミ・オオサカ」が名を連ねた。

「オオサカがニューヨークでケルバーを破る」と見出しを打たれた記事では「日本の19歳、神童ナオミ・オオサカがまたもや足跡を残した。今回、彼女はテニス最大のステージで成し遂げた」と記述。当時、世界ランク45位の大坂が前回大会覇者のケルバーを1回戦で撃破した大金星を紹介している。

 大坂は1年前の全米オープンでマディソン・キーズ(米国)相手に最終セットを5-1でリードしながら逆転負け。悔し泣きしたことを記事でも紹介し、本人が「このコートには本当に良い思い出がありませんでした。でも今は、変えることができたと思います。4-1の時点で、昨年のようなことはしないと強く思いました」と振り返ったことを伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集