[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • メッシを襲った「ゴーストゴール」の悲劇 “疑惑の判定”に同僚困惑「歴史的な誤審」

メッシを襲った「ゴーストゴール」の悲劇 “疑惑の判定”に同僚困惑「歴史的な誤審」

海外サッカーで、ボールがゴールラインを割っているにもかかわらず、ノーゴール判定となる事態が発生。その“被害”に遭ったのが、現代を代表するスーパースターのバルセロナFWリオネル・メッシとあって、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が「否定されたメッシの『ゴーストゴール』」と報じるなど、波紋は世界中に広がっている。

バレンシア戦、メッシのシュートはゴールラインを割ったが得点は認められず

 海外サッカーで、ボールがゴールラインを割っているにもかかわらず、ノーゴール判定となる事態が発生。その“被害”に遭ったのが、現代を代表するスーパースターのバルセロナFWリオネル・メッシとあって、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が「否定されたメッシの『ゴーストゴール』」と報じるなど、波紋は世界中に広がっている。

 これがゴールじゃなかったら…。そんな想いが選手、ファンの心を去来していたに違いない。

 26日に行われたリーガ・エスパニョーラ第13節のバレンシア対バルセロナ戦。驚くべき判定が下されたのは、0-0で迎えた前半30分だった。

 人数をかけて敵陣に攻め込んだバルセロナは、メッシが右サイドからのパスを受けてペナルティーアーク付近でシュートチャンスを迎える。ダイレクトで合わせた左足での一撃は、バレンシアのブラジル代表GKネトの正面に飛んでしまったが、ここから波乱の展開が続くことになる。

 ネトはキャッチし取り損ねてしまい、後逸したボールがゴールへ。慌てて右手でかき出したが、その時点でボールはゴールラインを越えていた。ゴールを確信したチームメイトたちは両手を広げて祝福していたが、ゴールと認められずプレーは続行。その後、バルセロナの選手たちが抗議したが、判定は覆らなかった。試合は後半に1ゴールずつ奪い合い、1-1のドローに終わっている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー