[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥vsカシメロをアラムは望まない 比識者が持論「安全に行きたいと考えている」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は米ラスベガスデビュー戦でWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ち。次戦が注目される中で、一度は対戦が決定も新型コロナの影響で流れたジョンリエル・カシメロ(フィリピン)は早速挑発を開始した。井上自身もターゲットの1人と認めている他団体のライバル王者だが、カシメロの母国の識者は、井上をプロモートするトップランク社のボブ・アラムCEOが井上―カシメロ戦を避けていると、持論を展開している。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

カシメロの母国解説者が推測「カシメロ戦に難色を示したのは驚いた」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は米ラスベガスデビュー戦でWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ち。次戦が注目される中で、一度は対戦が決定も新型コロナの影響で流れたジョンリエル・カシメロ(フィリピン)は早速挑発を開始した。井上自身もターゲットの1人と認めている他団体のライバル王者だが、カシメロの母国の識者は、井上をプロモートするトップランク社のボブ・アラムCEOが井上―カシメロ戦を避けていると、持論を展開している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 鮮やかなカウンター一閃。井上はマロニーを衝撃KOで破り、2本のベルトを守った。次戦で戦うのはノルディ・ウーバーリとノニト・ドネアが争うWBCのベルト保持者か、WBO王者のカシメロか、それとも……。ボクシング界の関心事の1つとなっているが、カシメロの母国フィリピンのテレビ局「ABS-CBN」は「“危険な”カシメロはナオヤ・イノウエにとってハイリスクなのか?」と題した記事を掲載している。

「日本ボクシング界のスターであるナオヤ・イノウエが、既に対戦を待ち望んでいるジョンリエル・カシメロの代わりにノニト・ドネアとノルディ・ウーバーリの勝者と戦うことを選んでも驚かないで頂きたい」

 こう書き出された記事では、同局のボクシング解説員、エド・トレンティーノ氏の独自の見解を紹介している。

 同氏はアラム氏が井上をマニー・パッキャオ以来の次世代スターとして大きく育てたい意向を持っていると推測。その上で「ボブ・アラム氏が4月に開催されるはずだったカシメロとの戦いに難色を示したことに驚いた。両者は試合に同意し、試合開催には何も問題がなかったはずだ」とコメントしている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集