[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥がついにPFP1位選出 英メディアでカネロ超え「究極的に過小評価されている」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちを収めた。英国のボクシング専門メディアでは独自のパウンド・フォー・パウンド(PFP)最新版を発表し、圧倒的な強さを見せた井上がPFP1位に堂々の選出を果たしている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

英専門メディアが選出、10人の記者投票で6人が井上を1位に

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちを収めた。英国のボクシング専門メディアでは独自のパウンド・フォー・パウンド(PFP)最新版を発表し、圧倒的な強さを見せた井上がPFP1位に堂々の選出を果たしている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 マロニーを鮮烈なカウンターで沈めた井上の評価は、ボクシング熱の高い英国でも高まりを見せていた。

 英専門メディア「ボクシング・ソーシャル」では専門家10人の投票による、独自のPFPを公開。「日本のセンセーション、ナオヤ・イノウエが、ボクシングソーシャルのライター陣による初のパウンド・フォー・パウンド投票で2位のサウル・カネロ・アルバレスを凌ぎ、1位に輝いた」と記事では評価している。ライター10人のうち、6人が井上を1位に投票し、93ポイントを集めたという。

 寸評でも「真のセンセーション」と絶賛し、プロ転向後、世界戦で15勝、うちKO勝利が13というデータを紹介した上で、「バンタム級以前に(団体を)統一していないことで、イノウエは非難されるかもしれないが、フアン・カルロス・パヤノ、エマヌエル・ロドリゲス、ノニト・ドネアを倒してのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)優勝で118ポンドにて確固たる立場を確立している」と高く評価している。

 そして、井上はバンタム級の4団体統一を目標に掲げているが、「(統一実現で)PFPキングの立場はより強固なものになるだろう」と分析している。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集