[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲見萌寧、負けん気爆発の執念V 分岐点は「行かなきゃ味わえない」全英挑戦の経験

女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディス最終日が11日、静岡・東名CC(6572ヤード、パー72)にて無観客で行われ、首位と1打差の8位で出た21歳の稲見萌寧(都築電気)が5バーディー、ボギーなしの67で回り、通算5アンダーで並んだ淺井咲希、ペ・ソンウとのプレーオフを制した。昨年7月以来1年3か月ぶりのツアー通算2勝目。コロナ禍で挑戦を決めた8月の全英女子オープンが転機となり、持ち前の負けん気を爆発させて栄冠を手にした。

昨年7月以来の優勝で通算2勝目を挙げた稲見萌寧【写真:Getty Images】
昨年7月以来の優勝で通算2勝目を挙げた稲見萌寧【写真:Getty Images】

21歳稲見萌寧がPOの末に2勝目、全英挑戦組最初の国内ツアー優勝者に

 女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディス最終日が11日、静岡・東名CC(6572ヤード、パー72)にて無観客で行われ、首位と1打差の8位で出た21歳の稲見萌寧(都築電気)が5バーディー、ボギーなしの67で回り、通算5アンダーで並んだ淺井咲希、ペ・ソンウとのプレーオフを制した。昨年7月以来1年3か月ぶりのツアー通算2勝目。コロナ禍で挑戦を決めた8月の全英女子オープンが転機となり、持ち前の負けん気を爆発させて栄冠を手にした。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 稲見が負けん気の強さを見せつけた。正規ラウンドの15番でバーディー。「全部バーディーを狙いに行っている感覚」。勢いづいた流れは止まらない。17、18番もバーディーを奪って5アンダー。土壇場でプレーオフに持ち込んだ。

 18番で行われた自身初のプレーオフにも動じなかった。「マン振りでした。ビビッてミスをするより思い切り行きたかった」。第1打はフェアウェーキープを重視した正規の18番より30ヤードも遠くへ飛んだ。「入れよう」。第3打も強気に打つと、ピンを刺して手前4メートルに。ペ・ソンウがパーとした直後。「入れる気満々だった」とバーディーパットを沈めた瞬間、地面をたたき割らんばかりの力強いガッツポーズが飛び出した。

 勝負所で攻めに攻めた21歳。ラウンド後は涙が頬をつたった。初優勝から2勝目が遠かったが、転機は8月の全英女子オープンだった。コロナ禍の開催で帰国後に2週間の隔離期間が必要なこともあり、有資格者たちが辞退。出場権が回ってきた稲見は、帰国後も国内3試合に出場できない代わりに大舞台への挑戦を決めた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集