[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“誤審”から大逆転 独選手の“2バン打ち”に海外賛否「スポーツマンシップの欠如」

テニスの4大大会・全仏オープンは現地時間29日、女子シングルス1回戦で世界ランク66位ラウラ・シグムンド(ドイツ)が同44位のクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)にストレート勝ちを収めたが、第1セットに物議を醸す場面があった。シグムンドが自陣内で2度バウンドしたにも関わずリターンしたショットが認められポイントに。実際のシーンを米メディアが動画付きで公開。海外ファンからは賛否の声が上がっている。

物議を醸す判定がありながら全仏1回戦を突破したラウラ・シグムンド【写真:AP】
物議を醸す判定がありながら全仏1回戦を突破したラウラ・シグムンド【写真:AP】

シグムンドが第1セットを失いかけたところから“誤審”で大逆転

 テニスの4大大会・全仏オープンは現地時間29日、女子シングルス1回戦で世界ランク66位ラウラ・シグムンド(ドイツ)が同44位のクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)にストレート勝ちを収めたが、第1セットに物議を醸す場面があった。シグムンドが自陣内で2度バウンドしたにも関わらずリターンしたショットが認められポイントに。実際のシーンを米メディアが動画付きで公開。海外ファンからは賛否の声が上がっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 問題のシーンは第1セット、ムラデノビッチが5-1とリードしての第7ゲーム。セットポイントの局面だった。ムラデノビッチが放ったボールを、シグムンドが前に出ながらリターン。これがポイントになった。ムラデノビッチは抗議をするも判定は変わらない。

 だがよく見るとこのリターンの直前にボールが2度バウンドしているようだ。ここから怒涛の逆転劇で1回戦突破を飾ったシグムンドだが、米専門メディア「テニス.com」では公式ツイッターで問題の場面を動画付きで公開。「ラウラ・シグムンドはクリスティナ・ムラデノビッチを相手に7ポイントを奪って、第1セットを手にした。このドイツ人選手は“本当に”カムバックを果たしたのか? 間違った判定、スポーツマンシップの欠如は違う何かを私たちに提案しようとしている」と、スポーツマンシップに反する振る舞いだと厳しく指摘している。

 これに海外ファンも賛否のコメントを寄せている。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集