[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

前田健太の交換相手 22歳右腕の“161kmバックドア”に米驚愕「チートだ」「エグい」

米大リーグ、ドジャースのブラスダー・グラテロル投手の投じた1球が米ファンを驚かせている。27日(日本時間28日)のエンゼルス戦の8回に登板。100マイル(約161キロ)のバックドアツーシームで見逃し三振に切って取るシーンを、米国の名物セレブが動画付きで公開。「チートだ」「捕手はどうやって捕っているんだ」などと注目が集まっている。

ドジャースのブラスダー・グラテロル【写真:AP】
ドジャースのブラスダー・グラテロル【写真:AP】

ドジャースのグラテロルが投じた1球が話題に

 米大リーグ、ドジャースのブラスダー・グラテロル投手の投じた1球が米ファンを驚かせている。27日(日本時間28日)のエンゼルス戦の8回に登板。100マイル(約161キロ)のバックドアツーシームで見逃し三振に切って取るシーンを、米国の名物セレブが動画付きで公開。「チートだ」「捕手はどうやって捕っているんだ」などと注目が集まっている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 185センチ、120キロ。22歳の巨漢右腕がもの凄い1球を繰り出した。8回1死、ジョーンズに対してカウント2-2からの5球目だ。外角のボールゾーンからホームベース付近で急激に変化。シュートの軌道を描き、ストライクゾーンぎりぎりに決まった。

 球速はなんと100マイル。見事なバックドアにジョーンズのバットはピクリとも動かない。後続もしっかりと打ち取って3人でピシャリ。レギュラーシーズン最終戦で圧巻の投球を見せつけた。

 グラテロルの100マイルバックドアにフォーカスしたのは、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる名物セレブのロブ・フリードマン氏だ。自身のツイッターで「ブラスダー・グラテロル、馬鹿げた100マイルのバックドアツーシーマー」と題して動画付きで公開すると、米ファンからは驚愕の反響が集まっている。

「バズーカ!」
「魔術だ」
「エグい」
「オー・マイ・ガー」
「チートモードだ」
「楽々投げてるな」
「目が離せない」
「こんなのフェアじゃない」
「ギャー」
「捕手はどうやってこんなロケット球捕ってるんだ」

 メジャー2年目の今季は前田健太とのトレードでドジャースに加入。23試合に登板して防御率3.09と上々の成績を残した。29日(日本時間30日)から始まるプレーオフでもその剛腕に注目が集まる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集