[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

奪三振率「18.72」 26歳新星右腕の“魔球チェンジ”を米記者絶賛「打つのは不可能」

米大リーグ、ブルワーズのデビン・ウィリアムズ投手が22日(日本時間23日)のレッズ戦の7回から2番手で登板。2回を無安打無失点、5つの三振を奪った。驚異の奪三振率18.72をマークする右腕が絶対的な武器とするのがチェンジアップだ。MLBは打者のタイミングを外し、なおかつ空振りを奪う“魔球”を動画付きで公開。米記者からは「冗談ではなく、打つのは不可能」と絶賛されている。

ブルワーズのデビン・ウィリアムズ【写真:AP】
ブルワーズのデビン・ウィリアムズ【写真:AP】

防御率は0.36、圧巻投球続けるウィリアムズにMLBが脚光

 米大リーグ、ブルワーズのデビン・ウィリアムズ投手が22日(日本時間23日)のレッズ戦の7回から2番手で登板。2回を無安打無失点、5つの三振を奪った。驚異の奪三振率18.72をマークする右腕が絶対的な武器とするのがチェンジアップだ。MLBは打者のタイミングを外し、なおかつ空振りを奪う“魔球”を動画付きで公開。米記者からは「冗談ではなく、打つのは不可能」と絶賛されている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 圧巻というほかはない。1点リードの7回からマウンドに上がったウィリアムズのチェンジアップが、この日も冴え渡った。先頭打者こそ四球で出塁させたが、続くバーンハートをチェンジアップをコーナーに決め、最後は絶妙に沈むボールで空振り三振。続くグッドウィンは見逃し三振に仕留めた。

 さらに圧倒的だったのは8回だ。ボット、スアレスとワンバウンドしそうなくらい落ちる外角のチェンジアップでバットに空を切らせると、ムスタカスにも低めのチェンジアップを2球続け、リプレーのような空振りで三振に仕留めて見せた。

 2回で5K。これで今季は25回で52奪三振。防御率は0.36と凄まじい成績を残している。米スポーツ専門局「CBSスポーツ」のダニー・ヴィエッティ記者は自身のツイッターに「デビン・ウィリアムズのチェンジアップはMLB史上最高の一球かもしれない。冗談とかではなく。打つのは不可能」と絶賛した。

 今季、大ブレークを遂げたウィリアムズ。最近17試合連続無失点と、全く打たれる気配がない。26歳を迎えたばかりの右腕の快進撃は止まらない。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集