[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、次戦相手ブレイディを警戒 過去1勝1敗「得意じゃない。むしろ不気味」

テニスの4大大会・全米オープンは8日(日本時間9日)、女子シングルス準々決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が同93位のシェルビー・ロジャース(米国)を6-3、6-4のストレートで下し、優勝した2018年以来、2大会ぶりの4強入りを決めた。準決勝では同41位のジェニファー・ブレイディ(米国)と対戦する。

4強入りを決めた大坂なおみ【写真:AP】
4強入りを決めた大坂なおみ【写真:AP】

次戦相手のブレイディは今大会全試合ストレート勝ち

 テニスの4大大会・全米オープンは8日(日本時間9日)、女子シングルス準々決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が同93位のシェルビー・ロジャース(米国)を6-3、6-4のストレートで下し、優勝した2018年以来、2大会ぶりの4強入りを決めた。準決勝では同41位のジェニファー・ブレイディ(米国)と対戦する。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 わずか79分で過去3戦全敗だったロジャースを退けた大坂。7本のエースを含む、24本のウィナーを叩き込んだ。ファーストサーブからのポイント獲得率は83%を記録。相手の66%を大きく上回った。またアンフォーストエラーもロジャースの27に対して、8に抑えるなどほぼ完ぺきな内容だった。

 2年ぶり優勝まであと2つ。だが、準決勝の相手も簡単ではない。過去の対戦成績は1勝1敗の五分。2014年に初対戦した際には敗れたが、18年には雪辱を果たし、今回はそれ以来のマッチアップとなる。

 WTA公式サイトによると、大坂はブレイディについて「得意な相手という気はしません。むしろ不気味ですね。(次戦は)過去の対戦から考えても、本当に才能に恵まれた選手との試合だと感じています」と相手の才能を高く評価している。

 25歳のブレイディは準々決勝でユリア・プチンツェワ(カザフスタン)に6-3、6-2で勝利するなど今大会は全試合ストレート勝ち。自身初のグランドスラム4強進出と波に乗っている。大坂は「今日もプチンツェワと彼女(ブレイディ)の試合を見ましたが、彼女は自分にとって非常に脅威となる選手だと理解しています」と警戒を強めている。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集