[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

笹生優花に惜敗 2位小祝さくら、“女ウッズ”に脱帽「本当に強い。実力は相手が上」

女子ゴルフの今季国内ツアー3戦目のニトリレディス最終日が30日、北海道・小樽CC(6695ヤード、パー72)にて無観客で行われた。単独首位で出たツアー通算1勝の19歳新人・笹生優花(ICTSI)が通算13アンダーで2戦連続優勝。1打差の2位で出た小祝さくら(ニトリ)との白熱した優勝争いを制し、10代では宮里藍、畑岡奈紗に次ぐ史上3人目の快挙を達成した。小祝は2打差の2位。

2打差の2位に終わった小祝さくら【写真:Getty Images】
2打差の2位に終わった小祝さくら【写真:Getty Images】

ニトリレディス最終日

 女子ゴルフの今季国内ツアー3戦目のニトリレディス最終日が30日、北海道・小樽CC(6695ヤード、パー72)にて無観客で行われた。単独首位で出たツアー通算1勝の19歳新人・笹生優花(ICTSI)が通算13アンダーで2戦連続優勝。首位と1打差の2位で出たツアー通算1勝の小祝さくら(ニトリ)は11アンダーで2打差の2位に終わり、地元・北海道のホステス大会で昨年7月以来の2勝目を逃した。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 悪天候により、決勝ラウンドの人数を減らすセカンドカットが実施され、当初の62人から1アンダー27位タイまでの34人で争われた。最終組は2時間半遅れの午後0時半にスタート。雨が降り続ける中、1998年度生まれの黄金世代・小祝が21世紀生まれの笹生との白熱した優勝争いで競り負けた。

 所属先の大会で北海道は地元でもある。オンラインでの会見では「結果は2打差だったが、チャンスがあった中で決められなかったのが悔しい。悔しいけど、地元で2位なのはよかった。次は優勝目指して頑張りたい」と語った。飛ぶ鳥を落とす勢いの笹生について「優花ちゃんは本当に凄くいいプレーで、ショットもよくてパターも入っていた。そういう点も、自分もああいうふうになれたらなっていう印象で見ていました」と脱帽した。

 2戦連続Vの笹生は力強いショットや完成度の高いゴルフなどから“女ウッズ”の異名がついた。小祝は「球が高くて本当に振り切りが良いのでヘッドスピードが速い。林に入れたとしても、ショットが凄くいいというイメージ。3つ年下だけど、本当に強い選手。プレッシャーにも負けずいいプレーをしていた。凄い強い選手というイメージです。実力的には優花ちゃんの方が全然上。自分はまだまだだと思う」と勝者を称えた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集