[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の“誤審”見逃し三振 米記者も続々指摘「いやいや、ストライクから程遠い」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、アストロズとのダブルヘッダー第2試合に「4番・指名打者」で出場。4打数2安打2打点と勝利に貢献した。この試合の第4打席が現地で物議を醸している。外角低めの球を見送るも、判定はストライク。見逃し三振となった大谷が苦笑いを浮かべ、抗議したジョー・マドン監督は退場となった。現地記者は完全にボールと表示されている投球チャート図をツイッターに公開するなど、“誤審”を指摘している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

現地時間25日のアストロズ戦で“誤審”により見逃し三振に

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、アストロズとのダブルヘッダー第2試合に「4番・指名打者」で出場。4打数2安打2打点と勝利に貢献した。この試合の第4打席が現地で物議を醸している。外角低めの球を見送るも、判定はストライク。見逃し三振となった大谷が苦笑いを浮かべ、抗議したジョー・マドン監督は退場となった。現地記者は完全にボールと表示されている投球チャート図をツイッターに公開するなど、“誤審”を指摘している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 大谷が天を仰いだ。6回無死一、二塁。フルカウントから外角低めの速球を見極め、一塁へ歩き出そうとした時だった。球審はまさかのストライクをコール。画面に表示されているストライクゾーンの外側を通過したボールだったが、見逃し三振となった大谷は両手を腰に当てて苦笑いするしかなかった。

 困惑の表情を浮かべた大谷と同じく、マドン監督も納得がいかない。ベンチから猛抗議すると、球審は退場を宣告した。大声でまくしたてるも判定は変わらなかった。実際の動画を米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者がツイッターに公開したほか、複数の現地記者から“誤審”を指摘する声があがっている。

 地元紙「ロサンゼルスタイムズ」のエンゼルス番マリア・トーレス記者は、「ジョー・マドンはストライクゾーンをめぐって抗議し退場に。3つ目のストライクとなった大谷の打席の8球目を見てみましょう」と文面につづり、ストライクと判定された球が完全に外角低めに外れている投球チャート図をツイッターで公開している。

 また、MLB公式サイトのエンゼルス番のレット・ボリンジャー記者は、ツイッターでのファンとのやり取りで「いやいや、ストライクからは程遠いよ」と指摘。地元ラジオ局「KLAA」のレポーター、トレント・ラッシュ氏も「大谷の3つ目のストライクは厳しい判定だった」とツイッターにつづっている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集