[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が困惑 指揮官退場の“誤審”見逃し三振に米物議「球審の名前を教えろ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、アストロズとのダブルヘッダー第2試合に「4番・指名打者」で出場。4打数2安打2打点と勝利に貢献した。この試合の第4打席、見逃し三振に倒れたシーンが現地で物議を醸している。外角低めの球を見送るも、判定はストライク。大谷が苦笑いを浮かべ、抗議したジョー・マドン監督は退場となった場面を米メディアが動画で公開。“誤審”に米ファンからは「球審の名前を教えてくれ」「地上スレスレの球だろ」などと批判の声が寄せられている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

アストロズ戦のストライク判定を米ファン批判「地上スレスレの球」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、アストロズとのダブルヘッダー第2試合に「4番・指名打者」で出場。4打数2安打2打点と勝利に貢献した。この試合の第4打席、見逃し三振に倒れたシーンが現地で物議を醸している。外角低めの球を見送るも、判定はストライク。大谷が苦笑いを浮かべ、抗議したジョー・マドン監督は退場となった場面を米メディアが動画で公開。“誤審”に米ファンからは「球審の名前を教えてくれ」「地上スレスレの球だろ」などと批判の声が寄せられている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 大谷が微妙な判定に天を仰いだ。6回無死一、二塁。フルカウントから外角低めの速球を見極め、一塁へ歩き出そうとした時だった。主審はまさかのストライクをコール。画面に表示されているストライクゾーンの外側を通過したボールだったが、見逃し三振となった大谷は両手を腰に当てて苦笑いするしかなかった。

 困惑の表情を浮かべた大谷と同じく、マドン監督も納得がいかない。ベンチから猛抗議すると、主審は退場を宣告した。大声でまくしたてるも判定は変わらず。実際の動画を米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者がツイッターに公開している。

 今季は判定に対する疑問の声が度々あがっていたが、今回の判定についても米ファンから「そうだね。審判を全部取っ替えてくれ」「間違っている判定が多すぎる」「怒らないオオタニは聖人だ」「この球審の名前を教えてくれ」「審判の目は節穴か?」「2試合目4回のトラウトの三振の判定も酷かった」「地上スレスレの球だろ」などと批判の声が寄せられている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集