[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

またど真ん中をボール判定 度重なる“誤審”に米立腹「今年の審判は特にひどい」

ここ最近、波紋を呼んでいる米大リーグでの審判の“謎の判定”。23日(24日)のアスレチックス―エンゼルス戦でも明らかなストライクがボールと判定されるケースが発生。実際の動画を米メディアが公開しているのだが、米ファンからは「球審はお金を貰っているだろ!」「審判を解雇しろ!」などとブーイングが起きている。

ヘンドリックスが投じた真ん中高めの球が…【写真:AP】
ヘンドリックスが投じた真ん中高めの球が…【写真:AP】

真ん中高めの甘い1球に、なぜか球審の手は上がらず

 ここ最近、波紋を呼んでいる米大リーグでの審判の“謎の判定”。23日(24日)のアスレチックス―エンゼルス戦でも明らかなストライクがボールと判定されるケースが発生。実際の動画を米メディアが公開しているのだが、米ファンからは「球審はお金を貰っているだろ!」「審判を解雇しろ!」などとブーイングが起きている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 事件が起きたのは、4-4のままタイブレークに突入した延長10回だ。アスレチックスの右腕ヘンドリックスが、カストロに投じた初球だ。94マイル(約151キロ)の速球はやや高めだったが、真ん中付近で間違いなくストライクゾーンを通過しているように見える。しかし球審の手は上がらない。ボールと判定されたのだ。

 MLB公式サイトの一球速報のチャートでも確かにストライクゾーンの中を通過している。この1球を問題視しているのは、米放送局「NBCスポーツ」のアスレチックス版公式ツイッターだ。実際の映像に「これがボールと判定された」と添えて投稿すると、ファンからは怒りの声が続々と上がっている。

「間違いなくひどい判定」
「この球審はお金を貰っているだろ!」
「ストライクゾーンなのだが…」
「ロボット審判を早く」
「今年の審判は特にひどいような気がする」
「週に数回どころじゃない」
「審判を解雇しろ!」
「冗談だろ」
「史上2番目にひどい判定だ。最もひどい判定は数日前に起きた」

 先日の試合でもツインズ―ロイヤルズ戦や、ドジャース―ロッキーズ戦でも発生した明らかなストライクボールをめぐる“誤審”。度重なる判定のミスに米ファンは怒りを募らせている。なお試合はアスレチックスが5-4でサヨナラ勝ちしている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集