[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「これがストライク…」と米波紋 球審の“謎の判定”が同日発生、明らかに低いけど…

米大リーグで21日(日本時間22日)にド真ん中の投球がボールに判定され、話題を呼んでいたが、同日の別の試合で明らかに低い投球がストライクと判定。米ファンの間で実際の動画が話題を呼び、「酷い判定だ」「これがストライクなんて…」との声が広がっている。

ウォーカー・ビューラー【写真:AP】
ウォーカー・ビューラー【写真:AP】

21日の試合でストライク&ボールを巡る2つの判定が話題、「これは許せない」の声

 米大リーグで21日(日本時間22日)にド真ん中の投球がボールに判定され、話題を呼んでいたが、同日の別の試合で明らかに低い投球がストライクと判定。米ファンの間で実際の動画が話題を呼び、「酷い判定だ」「これがストライクなんて…」との声が広がっている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 1球の判定を巡り、ファンの視線が集まった。ドジャース―ロッキーズ戦でのこと。4回、ドジャース先発ビューラーが先頭の左打者タピアに1ボールから投じたのは97マイル(約156キロ)の速球。しかし、低めいっぱいのストライクゾーンに構えていた捕手のミットがさらに下に動き、明らかに外れたように見えた。しかし、だ。ロブ・ドレイク球審の右手が上がる。なんとストライクのコールがされたのだ。

 自信を持って見送ったタピアは驚いたように振り返り、球審を見つめた。ただ、判定は覆らない。MLB公式サイトの一球速報のチャートでは低めに外れ、ボールとなった初球よりさらに低めを通過したことになっているが、判定はストライク。最後は見逃し三振に倒れた。「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる名物セレブのロブ・フリードマン氏も自身のツイッターで実際の動画を投稿し、こう疑問を投げかけた。

「ロブ・ドレイク以外は誰もこれをストライクだと思っていない」

 同調するように、ファンからも「というわけで、ロボット審判を!」「ロッキーズはロブ・ドレイクに何かしてあげたの?」「酷い判定だ」「これは許せないな」「人々がロボット審判を望む理由はここにある」「これがストライクだなんて、どうなっているんだ」「なんてこった!」などの声が続々。こうもファンが憤るのも同日に別の試合で判定が物議を醸しているからだ。

 ツインズ―ロイヤルズ戦でド真ん中を通過したように見えた投球がボールと判定されるシーンが発生。こちらもファンの注目を集めていたとあって、続けざまの疑問が残る判定がクローズアップされてしまった。なお、試合はドジャースが5-1で勝利した。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集