[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

前田健太、相手を完璧に封じ込めた理由とは 敵将も称賛「そういう投球をされると…」

米大リーグ・ツインズの前田健太投手は18日(日本時間19日)、ブルワーズ戦に先発登板。勝ち星はつかなかったが9回途中1安打1失点の好投を見せた。無安打投球を続けていた9回、先頭打者に安打を許してノーヒットノーランを逃したが、8連続を含む12奪三振の力投。リリーフが打たれて4勝目は消滅したが、チームは延長12回にサヨナラ勝ちした。前田の前に8回まで手も足も出なかったブルワーズのクレイグ・カウンセル監督も脱帽するしかなかった。

9回途中1安打12奪三振と好投したツインズの前田健太【写真:AP】
9回途中1安打12奪三振と好投したツインズの前田健太【写真:AP】

9回先頭まで無安打投球、抑え込まれた敵将は「失投がなかった」と脱帽

 米大リーグ・ツインズの前田健太投手は18日(日本時間19日)、ブルワーズ戦に先発登板。勝ち星はつかなかったが9回途中1安打1失点の好投を見せた。無安打投球を続けていた9回、先頭打者に安打を許してノーヒットノーランを逃したが、8連続を含む12奪三振の力投。リリーフが打たれて4勝目は消滅したが、チームは延長12回にサヨナラ勝ちした。前田の前に8回まで手も足も出なかったブルワーズのクレイグ・カウンセル監督も脱帽するしかなかった。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 相手打線をきりきり舞いさせた。前田は伸びる速球と落ちる変化球などを駆使。圧巻だったのは3回1死からの8者連続三振。球団新記録を樹立するなどし、ブルワーズ打線を8回終了まで四球2つのみ、無安打に抑え込んだ。

 ノーヒットノーランへの期待が高まった9回、先頭のソガードに右前にポテンヒットを許し、偉業達成はならなかったが、圧倒的な投球を見せた。

 今季最高の投球を見せた前田のなにが良かったのか。メジャー移籍後最多の115球を投げ、うち78球がストライク。実に67.8%がストライクだった。2四球は出したが、それ以外で3ボールになったのは4度だけだった。地元メディア「FOXスポーツ・ウィスコンシン」によると、カウンセル監督も前田の制球力を高く評価した。

「失投が無かった。ストライクゾーン低めにボールを集めていた。3-1のような打者有利のカウントにならなかった。彼はストライクをどんどん投げ込み、変化球でもストライクを奪っていた。そういう投球をされると打者は狙いを定めづらい」

 多彩なボールでストライクを先行させ、投手有利に運んだ前田。その結果が導いた快投だった。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集