[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュは「CY賞争いの先頭だ」 圧巻7回11Kを米称賛「多彩な投球で圧倒」

米大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手が13日(日本時間14日)、ブルワーズ戦に今季4度目の先発登板。7回1死まで相手打線を無安打に封じるなど、7回1安打1失点、11奪三振の好投で3勝目をマークした。快投に対し、米メディアは続々と称賛。昨季終盤から好投が続いていることに触れ「サイ・ヤング賞争いで先頭を走っている」と伝えている。

7回1失点11奪三振の好投で3勝目をあげたカブスのダルビッシュ有【写真:AP】
7回1失点11奪三振の好投で3勝目をあげたカブスのダルビッシュ有【写真:AP】

昨季終盤からの安定感ある投球に米メディアが注目

 米大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手が13日(日本時間14日)、ブルワーズ戦に今季4度目の先発登板。7回1死まで相手打線を無安打に封じるなど、7回1安打1失点、11奪三振の好投で3勝目をマークした。快投に対し、米メディアは続々と称賛。昨季終盤から好投が続いていることに触れ「サイ・ヤング賞争いで先頭を走っている」と伝えている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 圧巻の投球だった。初回、ダルビッシュは先頭のソガードから内角速球で見逃し三振を奪うとエンジン全開。最速97.9マイル(約157.6キロ)の直球と、キレのある変化球で7回まで毎回奪三振をマーク。7回1死で5番スモークに右越えソロを浴びるまで無安打投球を披露し、四死球は3つ、11奪三振とねじ伏せた。

 今季3勝目をあげ、防御率1.88と抜群の安定感を示しているダルビッシュ。昨季終盤からの安定感に注目したのは、米スポーツ専門局「CBSスポーツ」だった。「ユウ・ダルビッシュは途中まで無安打投球を続け、カブスは1907年以来の最高のスタートを切った」と見出しを打って記事で報じている。

「2019年終盤からダルビッシュは輝き、成功している」と記している記事では、昨季の最終13登板で81回2/3を投げ、防御率2.76、118奪三振をマークし、与四球がわずか7つであったことを紹介。今季もここまでWHIPが0.75と安定していることに触れ「サイ・ヤング賞争いで彼は今や先頭を走っている。そしてカブスはダルビッシュだけではない。現在の先発ローテの防御率は2.55でチーム成績は13勝3敗である」と伝えている。

 また、シカゴのラジオ局「670ザ・スコア」のクリス・エマ記者は「ユウ・ダルビッシュによる見事なパフォーマンス。多彩な投球選択肢でブルワーズを圧倒した。ダルビッシュは今季4試合に先発し、防御率1.88でK/9は10.13」と自身のツイッターで言及。ブルワーズ戦の快投は、米メディアにとっても目を見張るものだったようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集