[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジャッジの「不合理な肩」 楽々投じた超絶レーザー返球に米驚愕「準備運動みたい」

米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が披露した驚きの強肩が話題となっている。11日(日本時間12日)のブレーブス戦、右翼からホームへ強烈に返球。楽々ノーバウンドで捕手に渡るレーザービームの動画を米メディアが公開すると、現地ファンからは「彼の守備は過小評価されてる」「ウォーミングアップの投球みたい」などと反響が寄せられている。

ヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:AP】
ヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:AP】

右翼からのバックホームに反響「彼の守備は過小評価されてる」

 米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が披露した驚きの強肩が話題となっている。11日(日本時間12日)のブレーブス戦、右翼からホームへ強烈な返球。楽々ノーバウンドで捕手に渡るレーザービームの動画を米メディアが公開すると、現地ファンからは「彼の守備は過小評価されてる」「ウォーミングアップの投球みたい」などと反響が寄せられている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 怪物が強肩を披露した。2回1死三塁の場面。ライトのジャッジが飛球を掴んだ。タッチアップに備え、ワンステップでホームへ。少し加減したようにも見える送球だったにも関わらず、ノーバウンドで捕手のミットにズバリと届いた。少し浅めの位置だったとはいえ、正確で力強い返球で走者を釘付けにした。

 矢のような送球に、タッチアップできなかった三塁走者もベース上で頭を抱えた。実際の動画を、米メディア「バースツールスポーツ」のヤンキース番記者エリック・ハブス氏がツイッターで公開。「ジャッジの肩は不合理。軽く投げているように見えるが、超絶レーザーだ」と驚きを文面につづっている。

 これまでも度々レーザービームを披露してきたジャッジ。米ファンからは「彼の守備はめっちゃ過小評価されてる」「ウォーミングアップの投球みたい」「(JA・)ハップよりいい投手かもよ」「走者を刺そうとさえしてない。自分の方が優れてることを見せただけ」などとコメントが寄せられていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集