[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中将大、5回0封をNY紙絶賛 13人連続凡退に「まるで10月バージョンの投球」

米大リーグ・ヤンキースの田中将大投手が7日(日本時間8日)、レイズ戦に先発登板し、5回1安打無失点の好投を見せた。打線の援護がなく今季初白星は逃したものの、無四球5奪三振と抜群の安定感を披露。地元メディアも「タナカはまるで彼の10月バージョンのような投球だった」と称賛している。

レイズ戦に先発した田中将大【写真:AP】
レイズ戦に先発した田中将大【写真:AP】

初対戦の筒香は2打数無安打に封じる

 米大リーグ・ヤンキースの田中将大投手が7日(日本時間8日)、レイズ戦に先発登板し、5回1安打無失点の好投を見せた。打線の援護がなく今季初白星は逃したものの、無四球5奪三振と抜群の安定感を披露。地元メディアも「タナカはまるで彼の10月バージョンのような投球だった」と称賛している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 田中は初回2死からディアスに右前打を許すも、ここから13人連続で打ち取る快投を披露。86マイル(約138キロ)の鋭利なスライダーで空振りを奪い、さらに制球も冴え、わずか59球で5回を投げ終えた。日本時代を含めても初対戦となった筒香との対戦では一邪飛、中飛と2打数無安打に抑えた。

 田中に勝敗はつかず、チームも0-1で敗れたが、米地元紙「ニューヨーク・ポスト」は「ヤンキース、マサヒロ・タナカの圧巻の登板を無駄にする。レイズに完封負け」との見出しで記事を掲載。援護できなかった打線を批判するとともに、田中の好投を評価している。

 同紙は「金曜のナイトゲームは完敗ではなかった。マサヒロ・タナカはまるで彼の10月バージョンのような投球で5回を零封し、ヤンキースのローテーションに必要な勢いを与えた」とプレーオフに強い田中が10月に見せるような快投だったと称賛している。

 今季2度目の登板の投球内容については「59球のうち44球がストライクだった。再三に渡って相手を追い込み、5奪三振。5回無四球被安打1だった」と伝えている。

 田中は7月4日(同5日)の練習中、頭部に痛烈な打球を受けたが、順調に回復。前回1日(同2日)のレッドソックス戦では、球数制限が設けられていた関係から、2回2/3で4安打2失点(自責1)で降板していた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集