[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平1号に安堵 エ軍監督が復調を実感「いずれ多くを右翼席まで運ぶだろう」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、マリナーズ戦に「4番・指名打者」で先発出場。4回無死一、二塁で迎えた第2打席で右中間へ今季1号3ランを放った。技ありの2020年初本塁打を見せた二刀流に、指揮官は「いずれ多くの打球を右翼席まで運ぶだろう」と語っているという。米メディアが報じている。

大谷翔平【写真:AP】
大谷翔平【写真:AP】

マリナーズ戦の今季1号でマドン監督が安堵「彼は自信が高まっている」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、マリナーズ戦に「4番・指名打者」で先発出場。4回無死一、二塁で迎えた第2打席で右中間へ今季1号3ランを放った。技ありの2020年初本塁打を見せた二刀流に、指揮官は「いずれ多くの打球を右翼席まで運ぶだろう」と語っているという。米メディアが報じている。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 地面すれすれの投球をかっ飛ばした。4回無死一、二塁で迎えた第2打席。2ストライクと追い込まれての右腕・ダンの3球目だ。見逃せば完全にボール球という80マイル(約130キロ)カーブを見事にすくいあげた。打球は右中間スタンドへ着弾。待望の今季第1号、飛距離402フィート(約122.5メートル)の3ランとなった。

 この試合前まで14打数2安打、打率.143だった大谷の一撃に、指揮官も安堵しているようだ。地元紙「ロサンゼルスタイムズ」によると、エンゼルスのジョー・マドン監督は「(本塁打は)彼がいま求めていたことだ」と語っているという。

 前日28日(同29日)には打球速度111.9マイル(約180キロ)のフェンス直撃二塁打を放った大谷。同紙によると、マドン監督は「彼は良い時の手の感覚を取り戻し、自信が高まっている。いずれ多くの打球を右翼席まで運ぶだろう」と、打撃の調子が上向きになりつつあると感じているという。

 エンゼルスは7-10で敗れたが、復調の兆しを見せている大谷は好材料となっているようだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集