[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【陸上】倉敷中央・齋藤が女子200m制し3冠も納得せず 胸に刻む福島千里の存在

中国地方を舞台に行われている平成28年度全国高等学校総合体育大会。1日の女子200メートルでは今大会で圧倒的な速さを見せている齋藤愛美(倉敷中央2年)が23秒62のタイムで快勝し、地元・岡山で100メートル、400メートルリレーに続く3冠を達成した。

20160801_saito

100メートル、400メートルリレーに続く3冠達成

 中国地方を舞台に行われている平成28年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ/特別協賛・大塚製薬)の陸上競技が岡山シティライトスタジアムで開催されている。1日の女子200メートルでは今大会で圧倒的な速さを見せている齋藤愛美(倉敷中央2年)が23秒62のタイムで快勝し、地元・岡山で100メートル、400メートルリレーに続く3冠を達成した。

「うれしい、というよりは(優勝を)獲らないといけない状態だったのでホッとしています」

 齋藤は3冠達成後のインタビューで開口一番こう話した。前々日に行われた100メートルでは2位にコンマ2秒差をつける11秒78で優勝し、翌日の400メートルリレーでも4走の重責を担ってチームの初優勝を導いた。

 そして迎えた女子200メートルは「一番大好きな種目だったので自信を持っていきました。自分との勝負だと思っていましたので」と本人が語る通り、他を寄せ付けない速さを見せつけた。準決勝ではラスト40メートルを流しながらも唯一の23秒台をマーク。「他の選手をビビらせたかった」というプラン通りの走りで勢いに乗ると、決勝も序盤からスピードに乗り、ラスト100メートルで突き放して同大会初優勝を達成した。

 齋藤は「地元だからこその拍手は本当に嬉しかったですし、幸せですよね。地元だからこそ勝てたのだと思います」と話した通り、岡山の地で実力をいかんなく発揮したが、タイムは6月の日本選手権で自身がマークした高校日本記録の23秒46に及ばない23秒62に終わったことを悔しがった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集