[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

169キロで捕手が捕れない変化量 速球王の衝撃シンカーに再脚光「『熱い』以外ない」

米大リーグ、カージナルスのジョーダン・ヒックスが2年前に計測した105マイル(約169キロ)投球が再び話題を呼んでいる。2018年5月20日(日本時間21日)のフィリーズ戦で登板した際に計測。MLBはヒックスの衝撃投球集を公式ツイッターで動画付きで紹介している。

カージナルスのジョーダン・ヒックス【写真:Getty Images】
カージナルスのジョーダン・ヒックス【写真:Getty Images】

ヒックスが2年前の「5・21」に169キロマーク、MLBが衝撃投球集を公開

 米大リーグ、カージナルスのジョーダン・ヒックスが2年前に計測した105マイル(約169キロ)投球が再び話題を呼んでいる。2018年5月20日(日本時間21日)のフィリーズ戦で登板した際に計測。MLBはヒックスの衝撃投球集を公式ツイッターで動画付きで紹介している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 2年前のこの日、8回途中から2番手としてマウンドに上がったヒックス。9回2死、走者なしの場面でとんでもないボールを右腕から投じた。フィリーズの3番・ヘレラへの2球目だ。打者から離れるように、外角へ大きく曲がりながらの1球は、なんと105マイル(約169キロ)を計測したのだ。

 凄まじい球速だが、MLB公式サイトの記録ではシンカーに分類されていた。確かに105マイルを記録した2球目は外角のボール球とはいえ、捕手が捕り損なうほど大きく変化していた。

 105マイルはヤンキースの左腕アロルディス・チャップマンに並ぶ人類最速タイ。MLBはこの1球以外にもヒックスの100マイルを超える豪速球を1分間の動画にまとめ、「2年前の今日、ジョーダン・ヒックスが105マイル(約169キロ)を記録。この熱いピッチングをお楽しみあれ」とキャプションを添えて投稿。するとファンからは驚きや、野球の再開を待ち望む声が上がっている。

「そのうち107マイルに到達するだろう……」
「野球が恋しい」
「自分の車だってあんなに速く走らないのに……」
「『熱い』以外の何物でもない」
「103マイルでもチェンジアップに見える」
「ほとんどのボールがコーナーを捉えている。凄い」

 ヒックスはルーキーイヤーだったこの年73試合に登板。昨季はクローザーを務め、29試合の登板で14セーブを記録していたが、6月に右ひじを故障しトミー・ジョン手術を受けていた。新型コロナ禍で開幕は延期となっている中で、復帰後は夢の170キロ到達を期待したい。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集