[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織ら次世代の“甘さ”に英紙が苦言「フェデラー、ナダルの支配は後続の恥」

錦織ら次世代の“甘さ”に英紙が苦言「フェデラー、ナダルの支配は後続の恥」

男子テニス世界ランク15位の錦織圭(日清食品)は右手首の腱損傷のため、8月から今季残りのツアーを欠場。世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)、 同2位のロジャー・フェデラー(スイス)というレジェンドが完全復活を果たした一方で、英メディアは世代交代できない錦織らテニス次世代の不甲斐なさに苦言を呈している。

終わらぬ「2強時代」に奮起を求める声「対抗者不在の支配は後続にとっての恥」

 男子テニス世界ランク15位の錦織圭(日清食品)は右手首の腱損傷のため、8月から今季残りのツアーを欠場。世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)、 同2位のロジャー・フェデラー(スイス)というレジェンドが完全復活を果たした一方で、英メディアは世代交代できない錦織らテニス次世代の不甲斐なさに苦言を呈している。

 フェデラーは上海マスターズ決勝でナダルを6−4、6−3で撃破。今季、グランドスラムを2勝ずつ分け合ったレジェンド対決は大会を盛り上げた。昨季まで故障に苦しんでいた2人の復活はテニス界に明るい話題を提供しているが、他のライバルの不甲斐なさを嘆く声も出ている。

「ロジャー・フェデラーとラファエル・ナダルの対抗者不在の支配は後続にとっての恥だ」と特集したのは、英地元紙「デイリー・テレグラフ」電子版だった。

 両雄の復活を「衝撃以外のなにものでもない」と称賛する一方で、「しかし、自分たちを騙してはいけない。他の選手たちは2017年にまとめてゾッとするようなものだった」と2強以外のタレントに苦言を呈している。

 故障で離脱を余儀なくされたアンディ・マレー(英国)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)という「BIG4」については「2人とも故障と燃え尽き症候群で低調だった」、「BIG5のメンバー」という大舞台に強いスタン・ワウリンカ(スイス)についても「膝の怪我で離脱し続けている」と指摘している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー