[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アーモンドアイ、復活の大楽勝に海外も騒然「信じられない!」「ムチが必要なかったね」

競馬のG1ヴィクトリアマイル(東京・芝1600メートル)は17日、C.ルメール騎乗の1番人気アーモンドアイ(牝5、美浦・国枝栄)が断然の支持に応えた。2着馬をあっという間に突き放す楽勝で、7つめのG1タイトルを獲得。有馬記念以来の実戦で現役最強を改めて証明したスーパーホースに、英メディアも注目。実際のレースシーンの動画とともに「信じられない!」と脚光を浴びせている。

アーモンドアイ【写真:Getty Images】
アーモンドアイ【写真:Getty Images】

有馬記念以来の実戦で最強証明、スターホースに海外メディアも注目

 競馬のG1ヴィクトリアマイル(東京・芝1600メートル)は17日、C.ルメール騎乗の1番人気アーモンドアイ(牝5、美浦・国枝栄)が断然の支持に応えた。2着馬をあっという間に突き放す楽勝で、7つめのG1タイトルを獲得。有馬記念以来の実戦で現役最強を改めて証明したスーパーホースに、英メディアも注目。実際のレースシーンの動画とともに「信じられない!」と脚光を浴びせている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 役者が違った。4番手で直線を迎えたアーモンドアイ。手応えは余裕たっぷりだ。鞍上のルメールが軽く促すだけで、前を行くライバルたちをあっという間に飲み込んでいく。残り200メートルで先頭に立つと、後は引き離すばかり。最後までムチを使われることなく、2着のサウンドキアラに4馬身差をつけた。

 タイムの1分30秒6はコースレコードにコンマ1秒差。ワンサイドの圧勝劇に注目したのは、英専門メディア「アット・ザ・レーシーズ」だ。「信じられない! ヴィクトリアマイルでのアーモンドアイの復活は素晴らしかった!」と賛辞を送ると、海外の競馬ファンからも喝采が起きている。

「強すぎる」
「美しきアーモンドアイよ、おかえり」
「とても感動的だった。ジョッキーはムチを打つ必要がなかったね」
「楽勝」
「アーモンドアイにとってのベストの距離ってどのくらいだろう?」

 有馬記念で9着と初めての大敗を喫し、遠征を予定していたドバイでのレースはコロナ禍で中止に。不安もないわけではなかったが、あざ笑うような強さを見せたアーモンドアイ。史上最多となる芝のG1、8勝目へ向けて再び海外に挑戦するのか。その動向には世界的な注目が集まっている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集