[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面特別編】池江璃花子へ、表彰台3人の“手のひらエール”に世界が感動「涙を流したいですか?」

ショーストロムが翌日に語った舞台裏「みんなで同意しました」

 カナダ放送局「CBC」公式ツイッターは「涙を流したいですか? 100メートルバタフライの表彰台が(2019年)2月に白血病と診断された19歳の日本人スイマー、リカコ・イケエへ捧げられた」、中国英字紙「グローバル・タイムズ」公式ツイッターも「メダリストたちが自分たちのメダルを通して白血病と戦う19歳の日本人スター、リカコ・イケエへ支援のメッセージを送る」とつづっていた。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 そして、大会を主催する国際水連(FINA)公式インスタグラムは「たくさんの愛。女子100メートルバタフライの表彰式で、リカコ・イケエを支援する素敵なメッセージが送られた」と実際のシーンの画像とともに紹介していた。池江もストーリー機能を使って、英語で「thank you(ありがとう)」「love you guys(みんな大好き)」と感謝を示していた。

 表彰式の翌日、ショーストロムは「彼女のことを思っていると伝えたかったんです。そしてメッセージを送りました。表彰台の後ろで、メッセージを送るべきだと、みんなで同意しました」と舞台裏を明かした上で「彼女の回復が順調にいくことを願っています」とエールを送り、改めて池江に対する思いを伝えていた。

 闘病前は東京五輪を目指していた池江は、昨年12月に退院したことを自身のSNSで報告し、2024年パリ五輪でのメダル獲得を目指すと明かしていた。今月9日には特集番組「NHKスペシャル」で、治療を受けたりリハビリに励む場面、406日ぶりのプールに入ったシーンなどが放送されていた。

 番組は大きな反響を呼び、池江も放送後に自身のツイッターで「番組見て頂きありがとうございました。いつか皆さんに試合会場で、戻って来た自分をお見せ出来るよう、頑張ります!」とつづっていた。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集