[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥と必ず戦う 揺れるカシメロ次戦、陣営は“調整試合”拒否「グレアはNOだ!!」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は米ラスベガスでWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦に挑む予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期となった。米興行大手・トップランク社のボブ・アラムCEOは井上に代わるカシメロの次戦の相手に、前座で登場予定だったWBO同級1位ジョシュア・グレア(米国)を候補として挙げたが、カシメロ陣営は「モンスターかゼロか。グレアはNO」と否定している。

先行き不透明な状況も、カシメロ陣営は井上戦を熱望【写真:Getty Images】
先行き不透明な状況も、カシメロ陣営は井上戦を熱望【写真:Getty Images】

コロナ禍で開催時期が不透明、カシメロ陣営はWBO1位との試合を拒否する姿勢

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は米ラスベガスでWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦に挑む予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期となった。米興行大手・トップランク社のボブ・アラムCEOは井上に代わるカシメロの次戦の相手に、前座で登場予定だったWBO同級1位ジョシュア・グレア(米国)を候補として挙げたが、カシメロ陣営は「モンスターかゼロか。グレアはNO」と否定している。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 注目の次戦はどうなるのか。米メディアは、米国で合宿を張っているカシメロがコロナ禍で不透明な3団体統一戦の代替試合を行う可能性をこれまでに報道。アラム氏は「(カシメロにとっての)可能な選択肢の一つとして、我々はジョシュア・グレアについて話し合っている。彼はジェイソン・モロニーと対戦予定だった。だから、カシメロと戦うことができる」と説明していた。

 日本で調整する井上が今後も渡米できない場合、カシメロが米国で1試合挟む可能性を示唆。これを受けて、グレアのプロモーターを務めるリック・グレイザー氏は自身のツイッターで「グレアにとっては幸運だ。次戦、カシメロとの世界戦になりそうじゃないか。グレアにとっては高額報酬になるだろう」と見立てを明かした。

 しかし、これに反応したのが「MPプロモーションズ」でカシメロのプロモーターを務めるショーン・ギボンズ氏だった。グレイザー氏のツイートのコメント欄に動画を投稿。家の中でミット打ちを行うカシメロの様子をバックに、ド派手なジャージ姿をしている。

 動画内で「レディース・アンド・ジェントルマン、ようこそカシメロのトレーニングキャンプへ」と語るギボンズ氏は、アラム氏と井上側と協議したという。「2週間後ぐらいで状況が動き出した後、イノウエは米国に渡るためパスポートを手に取るだろう。モンスターがやってくる! 色々目にしたものを信じてはいけない。モンスターは来る!」と明かしている。

 文面には「モンスターかゼロか!!、だ。グレアはNOだ!!」と記し、井上戦にこだわる姿勢を見せたギボンズ氏。井上が渡米できると確信している様子だった。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集