[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ニャンてこった! 柔道世界女王、厳しい“猫教官”との猛練習に反響「可愛いのに…」

柔道女子57キロ級世界女王の出口クリスタ(カナダ)がツイッターを更新。新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出自粛が求められる中、猫好きとして知られる24歳は愛猫との一風変わった可愛らしいトレーニング動画を公開。ファンからは「ニャイスですね」「かわいいのに厳しい」と反響が集まっている。

出口クリスタ【写真:AP】
出口クリスタ【写真:AP】

柔道・出口クリスタの自宅トレ、サポートする愛猫に「パーソナルトレーニャー」

 柔道女子57キロ級世界女王の出口クリスタ(カナダ)がツイッターを更新。新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出自粛が求められる中、猫好きとして知られる24歳は愛猫との一風変わった可愛らしいトレーニング動画を公開。ファンからは「ニャイスですね」「かわいいのに厳しい」と反響が集まっている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 パートナーが鋭い目を光らせている。部屋に敷かれた1枚のマット。出口はこの上で右足を動かさず、左足を後ろに下げる動きを繰り返している。左膝がマットに届きそうで、下半身や体幹が鍛えられそうだ。そんな練習を背後から見つめる“鬼トレーナー”は、なんと猫だった。ちょこんとマットの上に座り、出口の左足が後ろに下がるたびに前足で飼い主の足首をタッチしている。

 まるで回数を数えているかのような厳しさ溢れる様子だ。動画を公開した出口は文面に「猫教官『足首が安定してない! ふらつくな!』」と記し、猫から受ける強烈な励ましの言葉を表現。コメント欄にも猫と遊ぶ動画を公開し「これこそまさに『パーソナルトレーニャー』」とつづっている。

 カナダ出身の父と日本人の母を持ち、日本で生まれ育った24歳。カナダに国籍変更をした末に昨年8月の世界選手権で初優勝した。東京五輪金メダル候補の投稿には「ニャイスですね~」「かわいいのに厳しい」「ナイスアシスト」「ロッキー4を思い出します」と反響が集まっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集