[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジョーダンは現代でも最強か バスケ界定番の話題に元MVP名手が持論「それが彼だ」

バスケットボール界の“神様”マイケル・ジョーダン氏ら1997-98年のブルズに迫ったドキュメンタリーシリーズ「マイケル・ジョーダン ラストダンス」が19日(日本時間20日)から米スポーツ専門局「ESPN」で配信スタート。現地で大きな盛り上がりを見せているが、同氏に関して度々話題に上がるのは「現代でも最強か」という議論。米メディアは2013-14年にシーズンMVPを獲得したネッツのケビン・デュラントのジョーダン氏に関する持論を紹介している。

現役時代のマイケル・ジョーダン氏【写真:Getty Images】
現役時代のマイケル・ジョーダン氏【写真:Getty Images】

デュラントがジョーダンを語る「技術レベルは比類なきもの」

 バスケットボール界の“神様”マイケル・ジョーダン氏ら1997-98年のブルズに迫ったドキュメンタリーシリーズ「マイケル・ジョーダン ラストダンス」が19日(日本時間20日)から米スポーツ専門局「ESPN」で配信スタート。現地で大きな盛り上がりを見せているが、同氏に関して度々話題に上がるのは「現代でも最強か」という議論。米メディアは2013-14年にシーズンMVPを獲得したネッツのケビン・デュラントのジョーダン氏に関する持論を紹介している。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール「3×3」・渡邉拓馬インタビュー(GROWINGへ)

 ジョーダンは現代でも最強か。現役最高選手の呼び声高いレブロン・ジェームズとジョーダン氏が比較される際に、必ずと言っていいほど話題に上がるのが、プレーする時代の違いだ。よりフィジカルを使い、試合のリズムも比較的遅かった時代にプレーしたジョーダンが、選手の身体能力が向上し、3Pショットが増えた現代でも活躍できるのか疑問視する声もある。

 しかし、デュラントにとっては“ジョーダン最強説”に疑いはないようだ。米スポーツ専門局「CBSスポーツ」によると、デュラントはESPNの番組「ザ・ボードルーム」に出演し「ジョーダン氏が現代バスケでプレーした場合、どの“階級”に属するか」と問われ、持論を述べたという。

 デュラントは疑念を一蹴するかのように回答。「彼はどんなものにでも対応できる。最強の選手だろうね。それが彼だ。よりポゼッションが必要かもしれないし、よりスペースが必要かもしれない。それは分からない。でも、彼が秀でたバスケットボール選手であることは明らかだし、その技術レベルは比類なきものだ」

 現役15年でブルズを6度の優勝導いたジョーダン氏。「マイケル・ジョーダン ラストダンス」の放映によって、何年経っても世界中から脚光を浴びる“神様”は、現役の名手から見てもやはり別格の選手のようだ。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集