[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

イチロー引退1周年、マ軍公式が名場面トップ10選出 伝説レーザーは「ザ・スロー」

米大リーグのマリナーズ・イチロー球団会長付特別補佐兼インストラクターは21日(日本時間22日)で引退から丸1年が経った。マリナーズ球団公式サイトはメジャー時代の名場面トップ10を選出し、伝説となったデビュー1年目となったレーザービームについては「『ザ・スロー』として知られている」と紹介している。

マリナーズのイチロー球団会長付特別補佐兼インストラクター【写真:Getty Images】
マリナーズのイチロー球団会長付特別補佐兼インストラクター【写真:Getty Images】

現役時代の名場面10傑を紹介「イチローの最高のプレーを振り返る」

 米大リーグのマリナーズ・イチロー球団会長付特別補佐兼インストラクターは21日(日本時間22日)で引退から丸1年が経った。マリナーズ球団公式サイトはメジャー時代の名場面トップ10を選出し、伝説となったデビュー1年目となったレーザービームについては「『ザ・スロー』として知られている」と紹介している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 球団公式サイトは「引退試合から1年のイチローの最高のプレーを振り返る この外野手は、グラブ、肩、バットでファンを魅了した」と見出しを打って特集。「1年前の今日、2019年3月21日、輝かしいMLBのキャリアに終わりを告げた。それは感動的な試合だった」とアスレチックス2連戦を振り返り、試合後に引退することを明かしたことを記した。

 その上で19年間に及んだメジャー生活を回顧し、名場面トップ10を選出。なかでも、特筆すべきは1年目の伝説のレーザービームだ。2001年4月11日のアスレチックス戦、8回1死一塁、ライト前の安打にチャージをかけ、捕球したのがイチローだ。一塁走者は二塁を蹴って三塁へ。深い位置から前進し、拾い上げた背番号51は、勢いそのままに右腕を振り抜いた。

 放たれた白球は信じられない軌道を描く。中継に入って手を挙げた遊撃手の頭上を越え、なんとノーバウンドで三塁手のミットへ。これ以上ない間一髪でアウトにしてみせたのだ。まさかの光景に、後のレンジャーズ監督のロン・ワシントン三塁コーチは呆然と立ち尽くす。実況は「イチローのレーザービームだ」と絶叫し、これが代名詞となった。

 記事では「イチローの肩にようこそ:イチローの打撃技術は当たり前のように有名だが、彼の肩も同様に多くの注目を浴びていて、2001年から2010年にかけて10年連続でゴールド・グラブ賞を獲得している。彼がルーキーシーズンの序盤で魅せたレーザービームにはリーグ全体がイチローの肩に気付かされた」と回顧。「『ザ・スロー』として知られている」と紹介した。

 他にもメジャー3000安打、シーズン最多記録262安打、球宴ランニング弾など、数々の名場面がピックアップされた。引退から1年、イチローの記憶はまだ褪せないようだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集