[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

タカマツ4強敗退、日本勢対決で完敗 高橋「今後のことはゆっくり休んで考えたい」

バドミントンの国際大会、全英オープンは現地14日に各種目の準決勝を行い、女子ダブルスで日本勢対決に臨んだ高橋礼華/松友美佐紀(日本ユニシス)は0-2で福島由紀/廣田彩花(アメリカンベイプ岐阜)に敗れた。勝った福島/廣田は、強かった。低い球が多い試合展開の中、得意の高速ローテーションで相手より早くシャトルを打ち返して主導権を掌握。試合開始の1ポイント目を除いてリードされることなく、圧勝した。

4強敗退した高橋、松友組【写真:平野貴也】
4強敗退した高橋、松友組【写真:平野貴也】

フクヒロにストレート負け、今後の五輪レース開催可否は不透明

 バドミントンの国際大会、全英オープンは現地14日に各種目の準決勝を行い、女子ダブルスで日本勢対決に臨んだ高橋礼華/松友美佐紀(日本ユニシス)は0-2で福島由紀/廣田彩花(アメリカンベイプ岐阜)に敗れた。勝った福島/廣田は、強かった。低い球が多い試合展開の中、得意の高速ローテーションで相手より早くシャトルを打ち返して主導権を掌握。試合開始の1ポイント目を除いてリードされることなく、圧勝した。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 敗れた高橋/松友は、返球ミスが目立ち、リズムに乗れなかった。連続ポイントをほとんど取れず、相手にプレッシャーをかけることができずに試合を押し切られた。前日に行われた準々決勝では、現世界ランク1位の中国ペアを撃破したが、高橋は「一つの山を越えて、ホッとした気持ちがあった。今日の相手は、今まで対戦してきた中で、一番、気持ちが入っていましたし、今までより良いプレーを出してきたと思いますし、うまく対応できませんでした」と完敗を認めた。

 2016年リオデジャネイロ五輪の金メダリストで、2大会連続の五輪出場を目指す高橋/松友にとって、この敗戦の意味は大きい。前日、国際バドミントン連盟は、この大会を終えた後、世界的にまん延している新型コロナウイルスの防止措置として、4月12日までの公認大会を中止および延期にすることを発表した。バドミントンの東京五輪出場権獲得レースは、規定の見直しが行われるが、日程面の問題から、五輪レースの対象大会が減少する可能性も考えられる。

4強敗退した高橋、松友組【写真:平野貴也】
4強敗退した高橋、松友組【写真:平野貴也】

高橋「昨日の時点で、これが最後かもしれない気持ちでコートに入った」

 元々、直近1か月の成績を反映された4月28日付けの世界ランクで決まる規定で、8位以上に2組以上の場合のみ同国勢は最大2組が出場可能。高橋/松友は、レースでは6番手のポイントを獲得しているが、同国勢の福島/廣田や松本麻佑/永原和可那(北都銀行)を追いかける3番手。万が一、複数の五輪レース対象大会が中止になった場合は、逆転が不可能になる。レースが今大会で最後になる可能性を考え、高橋は「昨日の時点で、これが最後かもしれないという気持ちでコートに入りました。今後、大会やレースのポイントがどうなるか、分かりません。ここまで2人でたくさんの試合をして、多分、良いことばかりではなかったと思いますけど、でも、最終的に自分たちは(リオの)オリンピックで金メダルを取って、良い思いができました」とこれまでの歩みを振り返ったが、中断された五輪レースが再開する可能性もあり、今後については「どうなるか分からないですけど、まずはゆっくり休んで、考えたいです」と話すに留めた。

 高橋/松友は、リオ五輪でバドミントン競技初の日本人金メダリストに輝いた。その後は、モチベーションの低下に悩みながらも、女子ダブルスの第1人者として日本代表をけん引。東京五輪の出場権獲得は難しくなっているが、10日に更新された世界ランクでも7位と健在。世界選手権よりも歴史が古く、最も権威がある全英オープンでの4強入りも、実力の証明と言える。高橋が右足を痛めていることもあり、まずは大会の中断期間で回復を図る。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集