[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、後半戦最多タイ17得点! チームの連敗3でストップ 球宴明け初勝利

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは26日(日本時間27日)、本拠地でネッツと対戦。西海岸へのロード4連戦前最後のホームゲームで110-106で勝利。連敗を3で止め、オールスター明け初勝利を飾った。怪我からの復帰以降、9試合連続スタメン出場となった八村塁は26分59秒のプレー時間で、17得点、4リバウンドを記録した。

9試合連続スタメン出場の八村塁(右)【写真:AP】
9試合連続スタメン出場の八村塁(右)【写真:AP】

ネッツ戦で9試合連続スタメン、4試合連続での2桁得点記録

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは26日(日本時間27日)、本拠地でネッツと対戦。西海岸へのロード4連戦前最後のホームゲームで110-106で勝利。連敗を3で止め、オールスター明け初勝利を飾った。怪我からの復帰以降、9試合連続スタメン出場となった八村塁は26分59秒のプレー時間で、17得点、4リバウンドを記録した。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 東カンファレンス7位のネッツと対戦したウィザーズ。プレーオフ進出に向けて負けられない一戦で、スコット・ブルックスヘッドコーチはスタメンを変更。イシュ・スミスが務めていたポイントガードに、シャバズ・ネイピアーを起用して臨んだ。

 両チーム通じて最初のポイントを左ウィングからの3Pで記録した八村は、その約20秒後にイアン・マヒンミのスティールから始まったファストブレイクで、左コーナーから再び3Pを沈めて早くも6得点を記録。ネッツはたまらずタイムアウトを要求した。

 さらに2点を加えた後、残り5分34秒に左コーナーでボールを受けると、シュートフェイントからリムへ向かってドライブ。ジャレッド・アレンに接触しながらシュートし、失敗したもののファウルを誘ってフリースローを獲得した。そのフリースローの2本中1本決めた八村は、合計9得点とし残り4分8秒にベンチへと下がった。

 第2Q残り6分27秒から再びコートに立った八村は、ディフェンス面で相手のフェイクに引っかからずに粘り強いプレーを見せてターンオーバーを誘い、ネッツにリズムを作らせない。残り2分46秒に、マヒンミのショットブロックから始まった攻撃でボールを受けると、強引にリムへ突進。ファウルを受けてフリースローを獲得。1本を決めて4試合連続の2桁得点に乗せた。

 さらに残り1分26秒にディフェンシブリバウンドを拾うと、自らボールを運んでリングへ一直線。レイアップを沈めて12得点に到達。その後ペイント内で相手と接触しながらもレイアップを決め、さらにアンドワン獲得。フリースローもしっかり決めて前半だけで15点を記録した。チームも60-46とリードして試合を折り返した。

 第3Q残り8分34秒に左手でのレイアップを決めた八村は、残り7分23秒にカリス・レヴァートのシュートのブロックを試みるも、惜しくもゴールテンディングの反則に。その後パスミスでターンオーバーを犯した八村は、ネッツに追い上げを許したチームとともにペースを崩し、残り6分28秒にトーマス・ブライアントとの交代でベンチへ下がった。

 14点のリードを得て後半に入ったウィザーズだったが、デアンドレ・ジョーダンに早くもダブルダブルを記録されるなど、このクォーターで逆転を許し最終Qへと突入した。

 最終Q、残り7分8秒で再びコートに立った八村は最後までプレー。大黒柱ビールの活躍などもあり、再び逆転に成功したウィザーズが後半戦4試合目で初勝利を手にした。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集