[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、24試合ぶり先発復帰で11得点、いきなり26分間プレーで完全復活アピール

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは3日(日本時間4日)、本拠地でウォリアーズと対戦。117-125で敗れ、3連勝はならなかった。鼠径部打撲で離脱していた八村塁が24試合ぶりに先発。26分間の出場で、11得点、8リバウンドを記録した。

24試合ぶりに先発出場した八村塁【写真:AP】
24試合ぶりに先発出場した八村塁【写真:AP】

「ジャパニーズ・ヘリテージ・ナイト」で49日ぶりに復帰、開始16秒で先制点

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは3日(日本時間4日)、本拠地でウォリアーズと対戦。117-125で敗れ、3連勝はならなかった。鼠径部打撲で離脱していた八村塁が24試合ぶりに先発。26分間の出場で、11得点、8リバウンドを記録した。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール「3×3」・渡邉拓馬インタビュー(GROWINGへ)

 日本人初の1巡目指名ルーキーがついに実戦復帰を果たした。「ジャパニーズ・ヘリテージ・ナイト」と題された一戦で、八村は試合前にチームを代表し「皆さんこんにちは、お久しぶりです。今日はジャパニーズ・ナイトということで、沢山の日本人の方が来てくださっているそうで、とても嬉しいです」と日本語で挨拶した。

 試合開始16秒でいきなり2ポイントシュートを決めた八村。2分後にもブラッドリー・ビールからパスを受け、フリースローライン付近からジャンプショットを沈める幸先の良いスタート。タイムアウト中には和太鼓の演奏も行われ、会場からは大きな拍手が送られた。

 リーグ屈指のPFドレイモンド・グリーンとマッチアップした八村は、第1クォーター(Q)から2つのリバウンドを記録。オフェンスでは得点以外でも、ファストブレイクからゴール下にドライブし、レイアップのフェイクから右コーナーでオープンになっていたビールへパスして3Pをアシスト。早速チームメイトとの良いコンビネーションも見せた。

 後半も開始からコートに立った八村。ショットクロックが3秒を切る中でグリーンにスティールを許し、そのまま得点を許す。八村は次のポゼッションでもレイアップを決められず、反対にウォリアーズに7連続得点を許しスコット・ブルックスヘッドコーチ(HC)が、第3Q残り9分56秒にたまらずタイムアウトを要求した。

 八村はタイムアウト後最初のプレーでレイアップを決めると、残り8分26秒にもアイザイア・トーマスのパスからこの日3つ目のミッドレンジジャンパーを沈めた。その後フリースローと右エルボーからのジャンパーを決めて2桁得点に乗せ、残り6分31秒にデイビス・ベルターンズとの交代でベンチに下がった。

 最終Q開始から再びコートに立った八村は、最後まで積極的なプレーを見せ、ディフェンシブリバウンドを2つ獲得するなどし、一度はコートを退いたが、残り3分22秒の場面から再びプレー。復帰ブルックスHCが試合前に話した20分以下のプレー時間制限を超える26分間の出場で復帰戦を終えた。

 八村は離脱するまでにNBAデビューシーズンで開幕から全試合に出場し、1試合平均13.9得点、5.8リバウンド、1.6アシストを記録するなど、印象的なパフォーマンスを披露。2月14日~16日(同15日~17日)のオールスター・ウィークエンドに行われる、若手のオールスター「ライジング・スターズ・チャレンジ」にも、日本人で初めて「世界選抜」の一員として選出された。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集